1. ホーム
  2. インフォメーション

インフォメーション

2017.03.06 CAREワークショップ
CAREフォローアップグループのご案内


専門家向けCARE認定ワークショップを修了された方を対象に、CAREフォローアップグループを開催します。

CAREのスキルの練習、保護者向けハンドアウトの読み合いの他、実際にCAREを使ってみての悩みや疑問、あるいは嬉しい発見をグループで共有しながら、研鑽を深めたいと思います。

関心のある方はぜひご参加ください。

担当:西順子、福田ちか子



日時:2017年3月12日(日)13時-15時30分 

対象:CARE専門家向け認定ワークショップを修了された方

参加費:2000円

場所:女性ライフサイクル研究所

定員:8名 

申込み方法:事前予約(締め切りは3月10日)。
       メールかお電話でお申込みください。

2017.02.10 コミュニティ支援・情報
コミュニティ支援・情報「東日本・家族応援プロジェクト2016シンポジウム」

女性ライフサイクル研究所顧問、村本邦子が活動している東日本大震災・家族応援プロジェクトから、お知らせです。

来る2月26日13時~から、シンポジウム「東日本大震災から7年目を迎える今」が開催されます。

入場無料で、どなたでも参加可能ですので、関心のある方はぜひご参加ください。


日時:2月26日(日)13:00-17:30(終了予定)
場所: 立命館大学 衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム

プログラム:
  第一部 藍原浩子氏講演会「自主避難者は今-自分で選択する、それを私たちの力に」

  第二部 「東日本・家族応援プロジェクト2016」が見た被災地の今
       司会進行:村本邦子
       各プロジェクトチームによる報告とディスカッション等。

★詳しくは、こちらをご覧ください。→東日本・家族応援プロジェクト2016シンポジウム



【関連記事】トピックスby村本邦子 「自主避難者」のこと

2017.02.09 コミュニティ支援・情報
コミュニティ支援・情報「虐待・DVの傷つきを癒す~支援者のためのアートワーク」

特定祖営利活動法人いくの学園主催による対人援助者向け講座で、西順子が講師を務めます。
詳しくは、下記をご覧ください。



テーマ:虐待・DVの傷つきを癒す~支援者のためのアートーワーク

日 時:2017年2月11日(土)13:30-16:00
場 所:クレオ大阪中央館 音楽室

対 象:アートセラピーに興味がある相談員、カウンセラー、保育士、教員、施設職員、
   アートセラピストなど、対人援助に関わる人

定 員:40名(申込先着順)
参加費:1000円(資料・材料代)

講 師:西順子(臨床心理士)
主 催;特定非営利活動法人いくの学園

申 込:詳しくは、こちらをご覧ください→2月アート講座.pdf


 

 

 

 

 

 

 

2017.01.05 研究所からのお知らせ
新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は温かいご理解ご支援を賜りまして、誠にありがとうございました。
皆さまに支えられ2017年を迎えましたことを心より感謝申し上げます。

本年も、謙虚な気持ちで丁寧な臨床的援助を心がけ、スタッフ一同日々努力してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2017年が皆さまにとってよき年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

                        所長 西 順子、スタッフ一同
                        顧問 村本邦子


IMG_2014 (2).jpg

2016.12.28 研究所からのお知らせ
年末年始休業のお知らせ

当研究所の年末年始の休業日は下記の通りです。

2015年 12月29日(木)~2015年1月4日(水)

新年は1月5日より平常通り業務を行います。
どうぞよろしくお願いいたします。

女性ライフサイクル研究所


2016.12.28 (240x180).jpg


2016.10.01 メディア掲載
日経DUAL「子どもの虐待&DV、私たちはどうすれば・・」特集、西順子がインタビュー取材を受けました。

日経DUAL:働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト「子どもの虐待&DV、私たちはどうすれば・・」特集にて、西順子がインタビュー取材を受けました。

2016年9月29日 子育て・教育 「DVについて」は→こちら

2016年9月30日 子育て・教育 「DVの子どもへの影響について」は→こちら

2016.08.17 CAREワークショップ
2016年後期・第5回支援者向け「CAREワークショップ」のご案内

定員に達しましたので、申込みをいったん締め切らせて頂きます。
お申込み、ありがとうございました。

なお当ワークショップは年二回、開催しております。
次回は、次年度の予定です。      8月31日

*****************************

CARE(Child-Adult Relationship Enhancement)は、
子どもと関わる大人のための心理教育プログラムです。

このワークショップでは、
子どもとのコミュニケーションに焦点をあて、
子どもとの不必要な衝突やストレスを減らし、
より温かな関係を築くために大切なことを、体験的に学びます。

CAREは、子育て中の親に加えて子どもと接する大人全般を対象としており、子どもの年齢は2歳~児童期を中心に思春期の子どもも含めたプログラムとなっています。

CAREのスキルを子ども支援に役立てていただくことに加え、関わっている保護者の方に伝え子育て支援に活かしていただくこともできます。

なお、このワークショップは、現場でお子さんと接しておられる専門家・スタッフの方を対象として、CARE-Japan認定ワークショップとして開催させていただきます。

※CARE(ケア)は、PCIT(親子相互交流療法)をベースに、米国オハイオ州シンシナティ子ども病院で開発された心理教育的介入プログラムです。子どもとの絆を深めるプログラムとして日本でも導入・実践されています。⇒詳しくは、CARE‐Japanホームページをご覧ください。

日時

2016年10月29日(土)18:30-21:30 (受付18:15- )

場所

女性ライフサイクル研究所
(地下鉄谷町線/堺筋線天神橋筋六丁目駅・12番出口より徒歩3分、JR環状線天満駅より徒歩3分)

アクセスは⇒こちら

参加費

一般 5,000円  、学生 4,000円

対 象

福祉・心理・教育・医療などの現場で、子どもと関わっている援助者・スタッフの方

定 員

8名  

担 当

CAREシニアトレーナー 西 順子(臨床心理士)
サポートスタッフ    福田ちか子(臨床心理士)

申込方法:ホームページの問い合わせ・予約フォームからお申込みください。参加申込書を送らせていただきます。

※ 2017年3月12日(日)にフォローアップ・グループを予定しています。

女性ライフサイクル研究所
電話:06-6354-8014 、FAX:06-6354-8015
電話受付時間:月曜日~金曜日 10:00~17:00 


【関連記事】
インフォメーション「支援者向けCAREワークショップ〈大人と子どもの絆を深めるプログラム〉参加者の皆さまの声

2016.08.08 研究所からのお知らせ
夏季休業のお知らせ

 8月12日(金)-15日(月)まで、事務局は夏季休業とさせていただきます。

 8月16日(火)より通常どおり業務を行います。

 メールのお問合せに関しまして、ご返答は15日(月)より順次対応させていただきます。
 何卒よろしくお願い申し上げます。

 ※なお、カウンセリングご予約の方のご連絡は随時、留守番電話にて受け付けております。
  
 女性ライフサイクル研究所・事務局

2016.08.08 女性心理学・読書会
【2016年度後期】支援者支援『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会のご案内

今年度後期の開催予定をご案内いたします。
よろしくお願いいたします。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年度5月から「『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会」の2クール目を開催しています。

子ども時代の虐待、性暴力、DVなど女性や子どものトラウマ、特に複雑性PTSD(外傷後ストレス障害)について理解を深めながら、被害者に寄り添う支援について考えてみませんか?

心理、司法、医療、福祉、教育・・などの領域で対人援助活動に携わっている方が対象です。
職種を越えて、女性や子どもの支援について分かち合い、学びあえればと思います。

2016年度後期の予定は下記のとおりです。皆様のご参加をお待ちしています。

  9月  4日(日)13:30-15:00  第四章 「監禁状態」

10月  2日(日)13:30-15:00  第五章 「児童虐待」

10月30日(日)13:30-15:00       第六章 「新しい診断名を提案する」

11月13日(日)13:30‐15:00  第七章  「治癒的関係とは」

12月11日(日)13:30‐15:00  第八章  「安全」

2017年
 1月15日(日)13:30-15:00  第九章 「想起と服喪追悼」

 2月19日(日)13:30-15:00       第十章 「再結合」

 3月19日(日)13:30‐15:00  第十一章  「共世界」

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制
   ●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子
   ●場所: 女性ライフサイクル研究所⇒アクセス

    ●お申込み、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム
    お申込みの際は、どんな立場で支援に携わっておられるか、一言お書き添え下さい。

【関連記事】
● 女性心理学・読書会『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会・参加者の皆さまの声
●カウンセリングについてトラウマからの回復とレジリエンス・モデル~回復の3段階と8次元

●ジュディス・ハーマン氏の元同僚、メアリー・ハーベイ氏の論文
 年報バックナンバーから論文集「生態学的視点からみたトラウマと回復
 年報バックナンバーから論文集「女性のトラウマに関わる臨床家の使命
 トラウマ研究「メアリーハーベイ氏によるトラウマ回復尺度MTRR日本語版


●使用図書
『心的外傷と回復〈増補版〉』ジュディス・L・ハーマン著、中井久夫訳、小西聖子解説
みすず書房
CCI20150414 (212x300).jpg

2016.07.11 メディア掲載
京都新聞6月20日、村本邦子のコラム「被災地をつないで」が掲載されました

2016年6月20日、京都新聞夕刊「現代のことば」に村本邦子のコラム「被災地をつないで」が掲載されました。
    ※他の記事はこちら⇒「メディア掲載・総目次
   村本邦子のトピックはこちら⇒「トピックスby村本邦子・総目次

被災地をつないで① (313x800).jpg






 

<前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.