1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 活動報告-論文/執筆/学会活動等
  4. 2021年度 論文/執筆/学会発表等活動報告

インフォメーション

2022.05.02 活動報告-論文/執筆/学会活動等
2021年度 論文/執筆/学会発表等活動報告

【著書】

2021年7月 『周辺からの記憶ー3.11の証人となった十年』村本邦子、国書刊行会

【論文】

2021年6月 周辺からの記憶31 チェルノブイリを訪ねる対人援助学会対人援助学マガジン12(1) 150-190頁(村本)
マイクロ・アグレッションと私たち(最終章)対人援助学マガジン(45号)259-262頁(朴)
2021年9月 周辺からの記憶32 2019年岩手・福島対人援助学会対人援助学マガジン12(2)130-166頁(村本)
2021年12月 周辺からの記憶33 コロナ禍でのシンポジウム対人援助学会対人援助学マガジン 12(3) 155-162頁(村本)
コミュニティが育つ、子どもがいる暮らし 対人援助学マガジン(47号)222-225頁(朴)
2022年3月 周辺からの記憶34 2020年コロナ禍とともに迎えた十年目対人援助学マガジン 12(4) 150-167頁(村本)
福島における原子力災害のフォーラムを育むー抵抗する民間のミュージアムの可能性 立命館平和研究 (23) 43-52頁(村本邦子・河野暁子)


【研究発表】

2021年9月4日 向井理菜 朴希沙 河野暁子 張亦瑾 宮崎浩一 劉強 わきまえない心理士を目指して〜社会の中で生きる個人を理解する:ジェンダー、エスニシティ、地域文化の視点から〜 日本心理臨床学会第40回大会 オンライン開催
2021年10月 東アジアにおける戦争トラウマの世代関連鎖と和解修復の試み日本における第二次世界大戦の長期的影響に関する学際シンポジウム(村本)
「土地の力」を描き出す 日本質的心理学会第18回大会(村本)
2021年10月23日 朴希沙 丸一俊介 朴利明 在日コリアンのための心理社会的支援に求められているものは何か?:Respectful Racial Counseling & Community Workの試み 日本質的心理学会第18回大会 オンライン開催
2021年11月12-13日 朴希沙・丸一俊介 在日コリアンへの心理社会的支援における課題と在日コリアンカウンセリング&コミュニティセンター(ZAC)の設立 第28回多文化間精神医学会学術総会 オンライン開催
2021年12月4日 朴希沙 朴利明 在日コリアンに対するマイクロアグレッション:個人の経験とインタビュー調査から 上智大学グローバル・コンサーン研究所第41回国際シンポジウム オンライン開催
2021年12月5日 朴希沙 丸一俊介 マイクロアグレッション翻訳に至る物語とマイクロアグレッションを乗り越える対話への模索:在日コリアンカウンセリング&コミュニティセンターの歩みから 上智大学グローバル・コンサーン研究所第41回国際シンポジウム
2022年1月 対人援助学における環境と個人の相互作用~トラウマの視点から対人援助学会第13回大会(村本)

<前の記事へ  一覧に戻る

© FLC,. All Rights Reserved.