1. ホーム
  2. インフォメーション

インフォメーション

2018.11.11 グループセラピー
【2018年度後期】『生きる勇気と癒す力~性暴力の時代を生きる女性のためのガイドブック』を読む~女性のトラウマ読書会のご案内

毎月一回日曜日、『生きる勇気と癒す力~性暴力の時代を生きる女性のためのガイドブック』女性のトラウマ読書会を開催しています。

本書は、サバイバーの体験に基づき、子どもの頃に受けた性的侵害から回復するには何が必要か、自分を癒すとはどういうことか、それによって人生はどう変わるかなど「癒し」に焦点があてられています。

読書会では、月一回、毎月少しずつ読み進めながら、「癒し」について学びたいと思います。
また感じたことをシェアできたらと思っています。
聞くだけの参加もOKです。

本書に関心がある女性の皆さまのご参加をお待ちしています。

【2018年度後半の予定】第二章「癒しの過程」
日時:2018年11月11日(日)13:30-15:00   (P97-113) 
   
                    12月 2日(日)13:30-15:00 (P114-129)

        2019年 1月20日(日)13:30-15:00 (P130-145)

                2月10日(日)13:30-15:00   (P146-168)

                     3月17日(日)13:30-15:00 (P169-182)


●予約制:  ※ご予約の際に、読み合わせのページをご確認ください。
●参加費: 一回1,000円
●場 所: 女性ライフサイクル研究所
●担当スタッフ:西順子(臨床心理士)、福田ちか子(臨床心理士)、朴希沙(臨床心理士)
●お申込み・お問い合わせは、こちらから⇒問い合わせ・ご予約フォーム


〈使用図書〉
新装改訂版『生きる勇気と癒す力~性暴力の時代を生きる女性のためのガイドブック』
エレン・バス+ローラ・ディビス共著、原美奈子+二見れい子共訳
三一書房

CCI20180413 (2).jpg

2018.11.11 グループセラピー
「女性のためのセルフケアグループ」参加者の皆さまの声を更新しました

  2011年より「女性のためのセルフケアグループ」を毎年実施しています。参加者の皆さまから頂いた声を元に、より安全にセルフケアを学んでいただけるよう、プログラムを工夫しています。ここでは頂いたアンケートから、参加者の皆さまのお声(掲載に承諾くださった方)を紹介いたします。

◆2018年度~(全5回クローズドグループ)

・自分で自分を大事にしたい、ケアしたい、時間を取りたいと思うだけで日が過ぎてしまうので、月に
 一回ここに来る(時間を取る約束を自分にする)がよかったです。
 自分の考えだけで終わらず、シェアできること、時間がきちんと決まっていることが良かったです。
 
 創作の時間が楽しくてあっという間に過ぎてしまいました。
 5回もあっという間に過ぎてしまい、時間の早さを感じています。

・自分をケアしないといけないということすら気づかなかったので、月に一回自分がどうしたら心地よ
 く癒されるかということを学べて、とても良かったです。

 また癒しのアートワークというのも知らなかったので、視覚やいろんな感覚に働きかけることで楽になるということが分かって大変有意義なグループワークでした。

 もっと自分を大事にする時間をとってよいんだということに気づかせてもらいました。

◆2017年度~(全5回クローズドグループ)

・「自分をケアする」ということがよくわかっていなかったが、このグループで様々なワークを
 体験したことにより、「自分をケアするってこんな感じか~!」と実感を持つことができた。

・大変役立ちました。電車の人への恐怖感が減った。一人の不安感が減った。
 イライラや怒りが減った。

・感情が高ぶったとき、描いた絵などをながめたり、好きなものを見たりしました。

・メンバーも(月一回の)間隔も内容も、とてもよかった。

・話してよいのか、だめなのかと緊張しました(静かだと、無理に話さなきゃと思ってしまう)。
 そんな時も大事なんだと思います。
 
・自分が好きだったものが明確になってきました。

◆2014年~(全5回クローズドグループ)

・自分では思ってなかったような作品ができあがったり、思った以上に集中して取り組めたりしたことがびっくりしました。他のメンバーの方の作品を見ることで、発見や気づきが思った以上にありました。日曜日の昼間の予定を空けるのが少し難しく、欠席した回があったのが少し心残りです。

・普段自分に全く関心を持っていなかったことに気づきました。好きなものがよくわからなくなっていましたが、今後は心地よく感じるものを大切にしていきたいと思います。絵を描いたり、物を作ったりして無心になるのが楽しかったです。

・絵や箱作りはとても楽しかったです。自分のイメージを表現して確かめていくことができたと思います。日常はやるべきことを追いかける毎日ですが、アート的なことももっと入れて生活できたら楽しいと思います。

・ほっとする場所や好きな感覚を、ただイメージするだけでなく、描いたり、作品を作ったりすることで、よりはっきりと身近に感じることができました。日常の中でも、ふと、描いたイメージを思い浮かべて、心地良くなる瞬間がありました。他の人の色づかいやアイディアから、新しい色にチャレンジしてみたくなったり、イメージが広がることもありました。

◆2013年~(全5回クローズドグループとして実施)

○有意義な時間を過ごすことができました。もっと参加したいと感じたので内容のバリエーションがもっと増えると嬉しいです。

○ 感覚が大切だということ、今、自分がどんな感覚でそれがしんどいものであれば、どう心地良い物に変えて行くのかの方法がわかったようなきがします。

○ 自分の今の思いを形にできて良かったです。過去や未来のことばかりに注目していたことの気がつきました。

○ 不安なこともいっぱいありますが「いま」を大切に正直に生きようと思います。前進したい自分が強くなりました。


◆2011年~(オープングループとして実施)

○ 自分に集中することがあまりなく忙しい毎日の中、今日は私の時間と思っていました。その思っていた通りの時間になったことでリフレッシュできました。また、フッと出てくる過去のイヤな出来事にも対応していける助けを一つ具体的に頂けたような気がします。

○自分の身体と心が繋がっているんだという感覚を学べた。

○ アートワークをしている時、自然でリラックスした気持ちになったし、できた作品から、改めて自分のことがわかったような、そんな感じがした。

○自分のペースに合わせて丁寧に進めて下さって嬉しかったです。ゆっくりと感触がひらいていく感じがしました。せかされない優しいすすめ方が良かったです。

○ アートワークがすごく楽しいし、普段気付かない自分の好み、性格に気づくことができる、意外な発見がある。

○ あっという間で時間が足りないと感じるくらいでした。

○ 皆さんの表現やおっしゃることに対していろいろ刺激を受けたのでもう少しいろいろお話しできたら良かったと思いました。


「トラウマ・アートセラピー・グループ」参加者の皆さまの声

2013年度は、参加者の方のご要望を受けて、「セルフケアグループ」に参加された方を対象に、トラウマからの回復の第二段階として「感情」に焦点をあてる「トラウマ・アートセラピー・グループ」を実施しました。

○頭の中で言語的に悩むより視覚で見てイメージで癒されることが大きな発見だった。アートセラピーによりトラウマを視覚的に小さく表現できたことは回復に大きく力添えをしてくれたと感じる。私にはでき事を話すカウンセリングよりも回復が大きかった。

○ 自信を再び取り戻す第一歩になりました。社会に希望をなくしていましたが、この場のように助けの手を差し伸べて下さる場所があったということに感謝し、精一杯生きて私も社会に恩返しできることが目標です。

 

2018.11.05 メディア掲載
中日こどもウィークリー親の時間子の時間に村本邦子のコラム「」が掲載されました

2018年10月20日、中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「幸せを買う方法」が掲載されました。

  ※他の記事はこちら→「メディア掲載・総目次
     村本邦子のトピックはこちら→「トピックスby村本邦子・総目次


2018.10.20付.jpg

2018.11.05 メディア掲載
中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「人生を変える練習」が掲載されましたれました

2018年9月22日、中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「人生を変える練習」が掲載されました。

※他の掲載記事はこちら⇒「メディア掲載・総目次」
   村本邦子のトピックはこちら⇒「トピックスby村本邦子・総目次

2018.9.22 .jpg

2018.10.21 グループセラピー
【2018年後期】女性のためのトラウマケアグループのご案内

このグループは、「女性のためのセルフケア・グループ」を修了された方のためのグループです。

セルフケアグループでは、トラウマ症状や苦痛を和らげるセルフケアの方法を学び、エンパワーすることが目的でした。
トラウマケアグループでは、トラウマからの回復のために、自分自身の感情を理解し、感情をコントロールすることが目的です。言葉で語ることが難しい内面を、アート・プログラムに添って表現し、共有します。

創造性は癒しと回復のための原動力です。

自分自身のイメージ、感情、考え、身体感覚とのつながりに気づきながら、仲間と共に表現したものを共有し、互いにエンパワー(力づける)する場となればと願っています。

※このグループは、「女性のためのセルフケア・グループ(全5回)」に4回以上出席された方が対象です。

【2018年11月11日~2019年3月12日(日)まで月一回日曜日10:00~12:00 全5回】

第一回 11月11日(日) オリエンテーション/感情の風景~感情を認め、感情が変化することを理解する
第二回 12月2日(日) 層になった感情~さまざまな感情について理解し、受容する
第三回 1月20日(日) 怒りを確認する~怒りを認め、耳を傾ける
第四回 2月17日(日) 喪失と発見~喪失の感情を確認し、自己への共感を高める
第五回 3月17日(日) 思考と感情を統合する/クロージング

■場 所: 女性ライフサイクル研究所

■参加費: 全5回 12,000円(材料費込)

■定 員: 5名(予約制/先着順)

担当スタッフ: 福田ちか子(臨床心理士)、西順子(臨床心理士)

【申込方法】
メールフォームよりお申込み下さい。
参加申込用紙を送らせて頂きます。

2018.09.06 メディア掲載
中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「もうすぐ防災の日」が掲載されました

2018年8月25日(土)、中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「もうすぐ防災の日」が掲載されました。

※他の記事はこちら→「メディア掲載・総目次
   村本邦子のトピックはこちら→「トピックスby村本邦子・総目次

2018.9.6 CCI20180906_0001 (584x800).jpg

2018.08.24 CAREワークショップ
2018年度 第8回支援者向け〈CARE〉ワークショップのご案内

※定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

2018年度CARE支援者向けワークショップのご案内です。

CARE
(Child-Adult Relationship Enhancement)は、
子どもと関わる大人のための心理教育プログラムです。

このワークショップでは、
子どもとのコミュニケーションに焦点をあて、
子どもとの不必要な衝突やストレスを減らし、
より温かな関係を築くために大切なことを、体験的に学びます。

CAREは、子育て中の親に加えて子どもと接する大人全般を対象としており、子どもの年齢は2歳~児童期を中心に思春期の子どもも含めたプログラムとなっています。

CAREを通して、子どもと大人の絆を深めることができます。現場で関わっている子ども支援に役立てることに加え、保護者の方の支援に役立てていただくこともできます。

なお、このワークショップは、現場でお子さんと接しておられる専門家・スタッフの方を対象としています。
CARE-Japan認定ワークショップとして開催いたします。

※CARE(ケア)は、トラウマに関する豊富な情報とペアレンティング・プログラムで用いられている特定の子育ての考え方に現場の声を取り入れて改良を行った心理教育的介入プログラムです。米国オハイオ州シンシナティ子ども病院で開発されました。子どもとの絆を深めるプログラムとして日本でも導入・実践されています。

日時

 2018年11月17日(土)18:00-21:30 (受付17:45- )

場所

女性ライフサイクル研究所
(地下鉄谷町線/堺筋線天神橋筋六丁目駅・12番出口より徒歩3分、JR環状線天満駅より徒歩3分)

アクセスは⇒こちら

参加費

一般 5,000円  、学生 4,000円

対 象

福祉・心理・教育・医療などの現場で、子どもと関わっている援助者・スタッフの方

定 員

8名  

担 当

CAREシニアトレーナー 西 順子(臨床心理士)
サポートスタッフ    福田ちか子(臨床心理士)

申込方法:ホームページの問い合わせ・予約フォームからお申込みください。参加申込書を送らせていただきます。

女性ライフサイクル研究所
電話:06-6354-8014 、FAX:06-6354-8015
電話受付時間:月曜日~金曜日 10:00~17:00 


【関連記事】
インフォメーション「支援者向けCAREワークショップ〈大人と子どもの絆を深めるプログラム〉参加者の皆さまの声

2018.08.08 研究所からのお知らせ
夏季休業のおしらせ

8月11日(土)-16日(木)まで、事務局は夏季休業とさせていただきます。

8月17日(金)より通常どおり業務を行います。

メールのお問合せに関しまして、ご返答は17日(金)より順次対応させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

女性ライフサイクル研究所

2018.07.29 メディア掲載
中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「晴れたり嵐が来たり」が掲載されました

2018年7月28日(土)、中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「晴れたり嵐が来たり」が掲載されました。

 ※他の記事はこちら→「メディア掲載・総目次
   村本邦子のトピックはこちら→「トピックスby村本邦子・総目次

2018.7.29  CCI20180729_0001 (2).jpg

2018.07.29 メディア掲載
更新・メディア掲載「目次」


【2018年】
2018年7月29日 中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「晴れたり嵐がきたり」が掲載されました。
2018年7月  1日   中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「子どもの悩みを聞く」が掲載されました。
2018年6月 7日   中日こどもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「悩める子どもたち」が掲載されました。

2018年5月16日 中日子どもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「予定の『見える化
』を」が掲載されました。

2018年4月 7日 中日子どもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「『好きなこと』をかなえるために」が掲載されました。

2018年3月10日 中日子どもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「早く! 早く!」が掲載されました。

2018年2月10日 中日子どもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「未来を開く好きなこと」が掲載されました。

2018年1月13日 中日子どもウィークリー親の時間子の時間に、村本邦子のコラム「話し合うきっかけに」が掲載されました。

【2016年】
2016年10月  1日   日経DUAL特集「子どもの虐待&DV、私たちはどうすれば・・」に、西順子がインタビュー取材を受けました。

2016年  6月20日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「被災地をつないで」が掲載されました。
2016年  4月22日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「ハワイアン主権回復運動に学ぶ」が掲載されました。
2016年  2月26日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「真珠湾の記憶」が掲載されました。

【2015年】
2015年12月18日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「5年目の福島を訪れて」が掲載されました。
2015年10月02日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「平和の物語を編む」が掲載されました。

2015年08月24日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「キューバとアイスクリーム」が掲載されました

2015年06月23日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「心の防災」が掲載されました。

2015年03月11日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「NYからの3.11」が掲載されました。

【2014年】
2014年12月22日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「汽水域」が掲載されました。

2014年10月24日 京都新聞「現代のことば」に、村本邦子のコラム「物語る力」が掲載されました。

2014年10月18日 『PHPのびのび子育て』増刊号2014年12月号にて、西順子による「心の準備が必要です:プレ思春期がやってくる」が掲載されました。

2014年08月21日 京都新聞の「現代のことば」に、村本邦子のコラム「母系制モソ」が掲載されました。

2014年05月05日 MSN産経WEST 「私の時間 シネマ」、映画『8月の家族たち』について西順子が取材を受け、コメントしました。


【1991-2012】

2012年04月28日、朝日新聞の「お母さんキライ・下~人生つづり心取り戻す」に、西順子がコメントしました。

2008年3月10日 大阪日日新聞「あきない見聞録/ 学びと癒し提供 就職、結婚、子育て支援」(FLC紹介記事)

2005年7月6日 朝日新聞「大阪で課題探るシンポ~戦争・ジェンダー・トラウマ」

2003年1月 集英社『COSMOPOLITAN』2月号 研究所紹介記事
      リビング京都 女性ライフサイクル研究所の紹介記事

2001年12月26日、朝日新聞に『女性ライフサイクル研究第11号:子どもの虐待』が紹介されました。

2001年11月25日、神戸新聞に『女性ライフサイクル研究第11号:子どもの虐待』が紹介されました。

2001年  9月   集英社『メイプル』9月号 研究所紹介記事

1998年  6月      『だいじょうぶ』に当研究所紹介記事
1998年 2月 6日   週間朝日 村本邦子著『「しあわせ家族」という嘘』を紹介

1997年11月 8日  朝日新聞『子ども虐待の防止力を育てる』紹介記事
            『オプティム』カウンセリング機関として紹介
1997年11月       プチタンファン8月号『子ども虐待の防止力を育てる』(FLC編)が紹介される
             日本教育新聞に『子ども虐待の防止力を育てる』(FLC編)が紹介される

1997年 7月   神戸新聞、新潟日報、琉球新聞、その他で『子ども虐待の防止力を育てる』 (FLC編)が紹介される
1997年 4月   プチタンファン4月号で電話相談紹介
1999年 3月 1日 朝日新聞大阪版にて『女性ライフサイクル研究8号』紹介記事

1996年12月   高知新聞、神戸新聞、京都新聞、その他に『女性ライフサイクル研究6号』紹介
1996年11月29日 産経新聞「いじめ、誘拐、性虐待にNOを言える子どもに」でFLC紹介

1995年12月02日、朝日新聞に『女性ライフサイクル研究第5号:阪神大震災-女の視点から捉えなおす』が紹介されました。

1993年 9月 5日 読売新聞1993年9月5日 子どもへの性的虐待について調査紹介
1993年 9月14日 NHK「イブニングきんき」FLCの性的虐待防止教育紹介
1993年  2月 『週刊時事』「核家族化で悩む若い母親の悲鳴が聞こえる」でFLCの性的虐待防止教育の記事
1993年 1月28日 読売新聞に、FLCの性的虐待防止教育の記事
1993年 1月18日   読売テレビ「ニューススクランブル」にて、子育てワークショップ放映

1992年12月 毎日新聞にて村本著『楽しく出産』紹介
       『月間ボランティア281号』にて「もう黙っていられません、性的虐待研究報告」
1992年11月 世界日報、デイリー毎日、日本経済新聞(11/9)、日本教育新聞(11/28)にて『女性ライフサイクル研究2号』が紹介される
1992年10月 地方紙(神戸新聞、京都新聞、中国新聞、十勝毎日新聞、信濃毎日新聞、神奈川 新聞、静岡新聞、新潟日報、鹿児島新報、琉球新報、その他)に『女性ライフサイクル研究2号』が紹介される

1992年10月   『月刊子ども』にて『女性ライフサイクル研究2号』が紹介
1992年10月   NHK「すくすく赤ちゃん」にてFLC子育てワークショップ紹介
1992年  4月   朝日放送1992年4月13日 おはよう朝日ですでFLCの活動紹介
1992年  3月   主婦の友社『Como』4月号 特集「子どもへの性的虐待」FLC紹介記事
1992年  2月   東海ラジオ1992年2月12日「いい朝ラジオで」FLCの活動紹介(村本出演)

1991年  9月   講談社『フラウ』女はみんな女神、FLC紹介記事
1991年  5月   毎日新聞CICセンター『えこる』vol.3FLC紹介記事
1991年  1月   読売新聞1991年1月3日 FLC紹介記事

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.