1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 女性心理学・読書会一覧

インフォメーション

2017.04.08 女性心理学・読書会
【2017年度】『心的外傷と回復』を読む・女性のトラウマ読書会のご案内

4月16日(日)より、2017年度の『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会がスタートします。

■心的外傷の発見と忘却の歴史~ジャネとフロイト、解離の発見、戦争神経症とPTSDという診断カテゴリーの登場、レイプトラウマ症候群、ドメスティック・バイオレンス、小児への性的虐待の再発見、

■心的外傷と心理的影響~恐怖、離断、監禁状態、児童虐待について

■長期反復的トラウマの影響と複雑性PTSDの概念の提案、

■回復の諸段階について~治癒的関係、安全を確立すること、トラウマ記憶の再構成と統合、新しい自己を成長させて未来を創造すること、社会とのきずなを取り戻すことまで、

毎月一章づつ読みながら、性暴力、児童虐待、ドメスティック・バイオレンス(DV)など、女性と子どものトラウマへの理解を深めていきたいと思います。

このテーマについて関心のある女性の皆さまのご参加をお待ちしています。


『心的外傷と回復』は性的および家族的暴力の被害者を相手とする臨床および研究の二十年間の果実である。これはまた、多数の多種の外傷を受けた人々、特に戦闘参加帰還兵と政治テロの犠牲者を相手とする経験の集積が増大していることを反映している。本書はつながりを取り戻すことにかんする本である。すなわち、公的世界と私的世界と、個人と社会と、男性と女性とのつながりを取り戻す本である。本書はコミュニケーションにかんする本である。レイプ後生存者と戦闘参加帰還兵との、被殴打女性と政治犯と、多数の民族を支配した暴君が生み出した強制収容所の生存者と自己の家庭を支配する暴君が生み出した隠れた小強制収容所の生存者とのコミュニケーションを図る本である。~本書「序」より~

2017年度前期の日程は下記のとおりです。後期の日程は9月頃にお知らせします。
     
  4月16日(日)13:30-15:00  第一章 「歴史は心的外傷を繰り返してきた」

  5月21日(日)13:30-15:00  第二章 「恐怖」

  6月18日(日)13:30-15:00  第三章 「離断」

  7月30日(日)13:30-15:00  第四章 「監禁状態」
  (8月はお休み)
  9月10日(日)13:30-15:00  第五章 「児童虐待」

10月15日(日)13:30-15:00       第六章 「新しい診断名を提案する」

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制

   ●担当スタッフ: 西順子(臨床心理士)、福田ちか子(臨床心理士)、朴希沙(臨床心理士)
   ●場所: 女性ライフサイクル研究所⇒アクセス

    ●お申込み、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム

【使用図書】
『心的外傷と回復〈増補版〉』(1996)ジュディス・L・ハーマン著、中井久夫訳、小西聖子解説
みすず書房
CCI20150414 (212x300).jpg

 ※著者は本書によって、アメリカ精神医学会およびアメリカ精神医学と法学会から
 マンフレッド・S・ガットマッカー賞を受賞されている。

【関連記事】
●カウンセリングについてトラウマからの回復とレジリエンス・モデル~回復の3段階と8次元

 

2016.08.08 女性心理学・読書会
【2016年度後期】支援者支援『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会のご案内

今年度後期の開催予定をご案内いたします。
よろしくお願いいたします。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年度5月から「『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会」の2クール目を開催しています。

子ども時代の虐待、性暴力、DVなど女性や子どものトラウマ、特に複雑性PTSD(外傷後ストレス障害)について理解を深めながら、被害者に寄り添う支援について考えてみませんか?

心理、司法、医療、福祉、教育・・などの領域で対人援助活動に携わっている方が対象です。
職種を越えて、女性や子どもの支援について分かち合い、学びあえればと思います。

2016年度後期の予定は下記のとおりです。皆様のご参加をお待ちしています。

  9月  4日(日)13:30-15:00  第四章 「監禁状態」

10月  2日(日)13:30-15:00  第五章 「児童虐待」

10月30日(日)13:30-15:00       第六章 「新しい診断名を提案する」

11月13日(日)13:30‐15:00  第七章  「治癒的関係とは」

12月11日(日)13:30‐15:00  第八章  「安全」

2017年
 1月15日(日)13:30-15:00  第九章 「想起と服喪追悼」

 2月19日(日)13:30-15:00       第十章 「再結合」

 3月19日(日)13:30‐15:00  第十一章  「共世界」

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制
   ●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子
   ●場所: 女性ライフサイクル研究所⇒アクセス

    ●お申込み、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム
    お申込みの際は、どんな立場で支援に携わっておられるか、一言お書き添え下さい。

【関連記事】
● 女性心理学・読書会『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会・参加者の皆さまの声
●カウンセリングについてトラウマからの回復とレジリエンス・モデル~回復の3段階と8次元

●ジュディス・ハーマン氏の元同僚、メアリー・ハーベイ氏の論文
 年報バックナンバーから論文集「生態学的視点からみたトラウマと回復
 年報バックナンバーから論文集「女性のトラウマに関わる臨床家の使命
 トラウマ研究「メアリーハーベイ氏によるトラウマ回復尺度MTRR日本語版


●使用図書
『心的外傷と回復〈増補版〉』ジュディス・L・ハーマン著、中井久夫訳、小西聖子解説
みすず書房
CCI20150414 (212x300).jpg

2016.05.06 女性心理学・読書会
【再掲】2016年度・支援者支援『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会のご案内

2016年5月8日(日)より、「『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会」の2クール目をスタートします。

子ども時代の虐待、性暴力、DVなど女性や子どものトラウマ、特に複雑性PTSD(外傷後ストレス障害)について理解を深めながら、被害者に寄り添う支援について考えてみませんか?

心理、司法、医療、福祉、教育・・などの領域で対人援助活動に携わっている方が対象です。
職種を越えて、女性や子どもの支援について分かち合い、学びあえればと思います。

2016年度前半の予定は下記のとおりです。皆様のご参加をお待ちしています。
     
  5月  8日(日)13:30-15:00  第一章 「歴史は心的外傷を繰り返してきた」
  (6月はお休み)
  7月10日(日)13:30-15:00  第二章 「恐怖」

  8月  7日(日)13:30-15:00  第三章 「離断」

  9月  4日(日)13:30-15:00  第四章 「監禁状態」

10月  2日(日)13:30-15:00  第五章 「児童虐待」

10月30日(日)13:30-15:00       第六章 「新しい診断名を提案する」

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制
   ●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子
   ●場所: 女性ライフサイクル研究所⇒アクセス

    ●お申込み、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム
    お申込みの際は、どんな立場で支援に携わっておられるか、一言お書き添え下さい。

【関連記事】
● 女性心理学・読書会『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会・参加者の皆さまの声
●カウンセリングについてトラウマからの回復とレジリエンス・モデル~回復の3段階と8次元

●ジュディス・ハーマン氏の元同僚、メアリー・ハーベイ氏の論文
 年報バックナンバーから論文集「生態学的視点からみたトラウマと回復
 年報バックナンバーから論文集「女性のトラウマに関わる臨床家の使命
 トラウマ研究「メアリーハーベイ氏によるトラウマ回復尺度MTRR日本語版


●使用図書
『心的外傷と回復〈増補版〉』ジュディス・L・ハーマン著、中井久夫訳、小西聖子解説
みすず書房
CCI20150414 (212x300).jpg


 

2016.03.25 女性心理学・読書会
『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会・参加者の皆さまの声

2015年度5月より毎月一回、女性や子どものトラウマと関わる援助者の方を対象に『心的外傷と回復』の読書会を開催しています。

虐待、性暴力、DVなどトラウマへの理解を深めながら、被害者に寄り添う支援について考えていきたいと願っています。

ここでは参加者の皆さまへのアンケートより、ご感想や日頃の支援にどう役に立っているか等、皆さまから頂いた声を紹介いたします。

● 人とのつながりの重要性を改めて感じました。

 被害者支援、日頃の業務に役に立っていてます。

● 一人で読んでいるとぼんやりとした感想だけだったのが、読書会でことばにすることで
  まとまってきた感じがしました。
 
 難しい本なので、読書会が励みになって読めました。

● 事件活動の中で出会った『心的外傷と回復』を最初から最後まで読破したいと思いつつ、
 なかなか実行できずにいました。このような読書会を開いて頂けたことで自分の理解不足
 を補って余りある充実感をえることができました。

 理論と実践の両方を自分のなかで行き来させることができ、他の参加者の方の言葉に
 多いに刺激を受け、視野も広がってきました。 

2015.08.31 女性心理学・読書会
【支援者向け】『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ読書会のご案内

2015年度後期、支援者向け『心的外傷と回復』(ハーマン著、みすず書房)読書会のご案内です。

前期に引き続き、後期は10月より毎月第二日曜日、午後13時30分~15時まで、
女性ライフサイクル研究所にて開催します。

日程とテーマは、下記のとおりです。

子どもへの性的虐待、性暴力やDVなど、女性や子どものトラウマと回復について学び、よりよい支援について共に考えませんか。

皆さまのご参加をお待ちしています。


2015年
10月11日(日)  第六章 新しい診断名を提案する

11月  8日(日)  第七章 治癒的関係とは

12月13日(日)  第八章 安全                                                                      

2016年
 1月10日(日)  第九章 想起と服喪追悼

 2月14日(日)  第十章 再結合

 3月13日(日)  第十一章 共世界
          付 外傷の弁証法は続いている

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制
   ●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子、金山あき子

お申込みの際は、どんな立場で支援に携わっておられるか、一言お書き添えください。
お申込み、お問い合わせは、こちらから。 ⇒問い合わせ・ご予約フォーム


【関連記事】
●ジュディス・ハーマン氏の元同僚、メアリー・ハーベイ氏の論文
 年報バックナンバーから論文集「生態学的視点からみたトラウマと回復
 年報バックナンバーから論文集「女性のトラウマに関わる臨床家の使命
 トラウマ研究「メアリーハーベイ氏によるトラウマ回復尺度MTRR日本語版
          


CCI20150414 (212x300).jpg

2015.08.12 女性心理学・読書会
第五回『心的外傷と回復』・読書会のご案内~次回は「第五章:児童虐待」です

今年度スタートした、支援者対象『心的外傷と回復』を読む・読書会のご案内です。

第五回読書会は、8月30日(日)13:30-15:00、女性ライフサイクル研究所にて開催します。

今回は、第五章の「児童虐待」(P147-180)の読みあいをします。

児童期の反復性トラウマが子どもの人格形成にどのような影響を与えるか、子どもへの心理的影響について学びます。

「虐待的環境にはまって出られなくなった子どもは、社会に適応するのが恐ろしいほど大変な仕事になる。
子どもは信じることができない人々のなかにあって信頼感を持ち続け、安全感のない状況で安全感を保ち、
次に何が起こるかわからないおそろしい予見不能な状況のなかでコントロールを維持し、
孤立無援な状況の中で力を失わないような生き方を何とかみつけないわけにはいかない」

と言われます(『心的外傷と回復』P147より)。

子どもへの心理的影響について理解を深め、よりよい支援について考えてみませんか?
被虐待児の支援に携わっている方、子ども時代の虐待サバイバーの支援に携わっている方、その他、女性や子どものトラウマと関わっている支援者さん・・など、ぜひご参加ください。

※事前に該当ページを読んでいただくことをお勧めしますが、読んだことがない方でもご参加いただけます。

   ●参加費: 1回 1,000円
   ●予約制
   ●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子、金山あき子

お申込みは、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム

2015.04.13 女性心理学・読書会
『心的外傷と回復』を読む~女性のトラウマ・読書会

 今年度5月17日(日)より、月一回、女性や子どものトラウマと関わる援助者の方を対象に『心的外傷と回復』の読書会を開催します。
 虐待、性暴力、DVなど女性のトラウマについて理解を深めながら、被害者に寄り添う支援について考えてみませんか。

 2015年度前期の開催予定は下記のとおりです。   
 第一回目5月17日(日)は、「序」「第一章:歴史は心的外傷を繰り返し忘れてきた」(P45まで)を読みあいます。

5月17日(日)13:30-15:00                                          

6月  7日(日)13:30-15:00

7月  5日(日)13:30-15:00               

8月  2日(日)13:30-15:00

8月30日(日)13:30-15:00

  •   女性ライフサイクル研究所(大阪市北区天神橋5-7-12、キングスコートビル3F)
                           ⇒アクセスはこちら
  • 参加費: 1回 1,000円
  • 予約制
  • 担当スタッフ: 西順子、福田ちか子、金山あき子

お申込みは、お問い合わせは、こちらから ⇒問い合わせ・ご予約フォーム


CCI20150414 (212x300).jpg

2014.11.04 女性心理学・読書会
2014年度 後期「女性心理学フリートーク」開催のご案内

 2014年度「女性心理学フリートーク」は、『女はみんな女神』の読書会形式で、読み進めています。
 12月以降の開催日程をご連絡いたします。

 参加ご希望の方は、下記の日程と内容をご確認くださいますようお願いいたします。
 なお、ご予約はメールフォームよりお申込みください。参加費は1,000円です。

■『女はみんな女神』とは?

 本書では、女性が自分の内なる力を、ギリシァ神話に登場する7人の女神たちの姿を借りて紹介しています(ユング心理学の元型理論に基づいています)。そして、女性が自分の人生の物語においてヒロインとなるためには、自分の内なる力(女神元型)と外側からかかる力(家族や文化から期待される役割)の両方に気づき、自覚的に選択することが必要であると、教え導いてくれています。

■毎月第一日曜日の10:30-12:00に開催してきましたが、12月~2月は第二日曜日に変更となります。
 ご迷惑をおかけしますが、日程変更の程、よろしくお願い申し上げます。

■各月に読みすすめる本の〈該当ページ〉は、下記のとおりです。
 毎回、スタッフが解説しますので、本を読んでない方でもご参加いただけます。

2014年
12月14日(日)10:30-12:00   
    第5章 「知恵と工芸と策略の女神、父の娘アテーナー」
    第6章 「炉と神殿の女神、乙女のままの伯母ヘスティアー」

2015年
1月11日(日)10:30-12:00  
  第7章 「傷つきやすい女神としてのヘーラー、デーメテール、ペルセポネー」
     第8章 「結婚、コミットメント、妻の女神ヘーラー」

2月8日(日) 10:30-12:00  
  第 9章 「穀物、養育者、母の女神デーメテール」
  第10章 「乙女と冥界の女王、母の娘ペルセポネー」

3月1日(日) 10:30-12:00  
     第11章 「錬金術の女神としてのアプロディーテー」
  第12章 「愛と美の女神、創造的な女性と恋人アプロディーテー」

■なお、『女はみんな女神』は、こちらからお読み頂けます。
                                                                  
s_book.jpg

■ 関連記事 FLCエッセイ「カウンセリングの窓から~私って誰?本当の私らしさって?」

      ♪♪ 皆さまのご参加をお待ちしています ♪♪

2014.04.15 女性心理学・読書会
女性心理学フリートーク~あなたはどの女神?『女はみんな女神』読書会

今年度の女性心理学フリートークは『女はみんな女神』を読みながら、読書会形式で行います。

『女はみんな女神』は1991年に翻訳・出版され、以後5~6年の間、女性ライフサイクル研究所でこの本を月一章ずつ読み進めながら、語り合うグループを行ってきました。

今年は『女はみんな女神』に立ち戻り、皆さまと共に女性の人生について語り合えればと願っています。

参加者の皆さまと語り合いながら、女性のタイプ、女性の人生の多様性について学び、自分らしい人生の選択について考えてみませんか。皆様のご参加をお待ちしています。

日時 毎月第一日曜日 午前10:30-12:00
場所 女性ライフサイクル研究所
参加費 1,000円
使用図書 ※絶版となっておりますので、トップページPDFファイルをご覧ください。
※当日、担当スタッフが簡単に解説いたしますが、できるだけ事前に、その月の該当ページをお読みいただき、ご参加いただくことをお勧めしています。
担当スタッフ 西順子福田ちか子仲野沙也加
申込方法 メールフォームよりお申込み下さい。

■『女はみんな女神』とは?
著者が、日本語版の序文のなかで「本書を読むことで、ありのままの自分でいることを理解され、肯定され、力づけられたように感じるのです。」と書いているように、本書は女性を肯定し、エンパワーしてくれる本です。また本書を読むことで、女性の多様性を認め、自分とはタイプが違う女性のことも、よりよく理解できるようになります

本書では、女性が自分の内なる力を、ギリシァ神話に登場する7人の女神たちの姿を借りて紹介しています(ユング心理学の元型理論に基づいています)。そして、女性が自分の人生の物語においてヒロインとなるためには、自分の内なる力(女神元型)と外側からかかる力(家族や文化から期待される役割)の両方に気づき、自覚的に選択することが必要であると、教え導いてくれています。

<前のページへ 1 2

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.