1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. カウンセリング/心理療法について
  4. ソリューション・フォーカスト・アプローチ

インフォメーション

2017.04.04 カウンセリング/心理療法について
ソリューション・フォーカスト・アプローチ

ソリューション・フォーカスト・アプローチは、アメリカのミルウォーキーにあるBFTC(Brief Family Therapy Center)で研究され、スティーヴ・ド・シェイザー(de Shazer, S.)、インスー・キム・バーグ(Berg, I. K.)らによって提唱されてきた短期療法の一つです。解決志向アプローチなどと訳され、社会福祉、医療、教育、ビジネス分野でも応用されています。

ソリューション・フォーカスト・アプローチでは、「クライエントが専門家」であると考えます。クライエントをエンパワーし、長所に焦点をあてるエンパワメントの姿勢をとります。
クライエントの「問題やその原因」を追究するのではなく、「いいところ」「強調したいところ」「うまくいっているところ」など、リソース(資源)を見つけ、
カウンセラーとクライエントが「協同」して、解決イメージをつくり、解決を構築しく手法です。

中心哲学には、三つのルールがあります。

 1. うまくいっているなら、変えようとするな。

 2. うまくいったなら、繰り返そう。

 3. うまくいかないなら、(なんでもいいから)違うことをせよ。

ソリューション・フォーカスト・アプローチの利点には、

・クライエントとの協力関係を築きやすい

・クライエントの健康度を損なわず、自己肯定感を引き出せる

・比較的短期間で変化が起こる。

・援助者がクライエントとの間に希望を持ち、喜びが引き出せる。 

・多くの場面で適応が可能、

などがあると言われています。

 

<前の記事へ    一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.