1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. グループセラピー
  4. 【2015年度後期】性暴力被害者のためのセルフケア・グループのご案内

インフォメーション

2015.08.27 グループセラピー
【2015年度後期】性暴力被害者のためのセルフケア・グループのご案内

次期のご案内は、2016年3月頃の予定です。(2015年10月)

2015年10月~2月までの月一回、性暴力被害にあわれた方のためのセルフケア・グループを開催します。

アートセラピーを用いて、心身の苦痛を和らげ、エンパワーすることが目的です。

PTSD反応など、トラウマ後におこるストレス反応を理解し、想像力(イメージする力)を使って、ストレス反応や症状をコントロールする方法を学びます。

アート・プログラムでは、トラウマ反応に対処するために、自分の内側にあるリソース(内的資源)への気づきを高め、引き出す工夫がされています。日常のなかで、どのようにセルフケアとして使えるかについても、具体的に考えます。

トラウマは人から力を奪い、「つながり」を壊すため、回復のためには、エンパワメントと、人とのつながりを回復することが重要です。

このグループでは、トラウマ体験を直接「語る」ことはしませんが、「いま、ここ」での体験を仲間と共有することで、より安心・安全感を強めることを目指しています。

皆さまのお申込みをお待ちしています。

〈お申込みの前に、ご確認ください〉

● このグループは、個人のトラウマに焦点をあてるものではありません。

● このグループが有効な方は、現在、安全な状況にいる方です(暴力が継続していない、自傷他害の危険性がないなど)。

● 現在通院中の方、カウンセリングを受けている方は、主治医またはカウンセラーに相談した上でお申し込み下さい。


〈日時〉2015年10月~2016年2月まで全5回、10:00-12:00

                 〈テーマ〉
第一回10月11日(日) オリエンテーション/ 呼吸を描く

第二回11月  8日(日)   安全な場所のイメージを創る(描画)

第三回12月13日(日)  侵入的な思考や感情を一時的にしまっておく入れ物のイメージを創る(描画)

第四回 1月10日(日) 不安をかきたてる感覚を和らげ、慰める(コラージュ)


第五回 2月14日(日) 希望と癒しの箱を創る(クラフト)/クロージング


※各回の目的と内容については、こちらをご覧ください
  ⇒「セルフケアのヒント~アートセラピーの手法を用いてトラウマに対処する


●場  : 大阪市北区にて

●参加費全5回 10,000円(材料費込み)

●定 員: 6名(予約制/先着順) ※女性限定

●担当スタッフ: 西順子、福田ちか子、金山あき子


☆お申込みは、お問い合わせは、こちら⇒問い合わせ・ご予約フォーム

☆参加者の皆さまから頂いた感想はこちら⇒「女性のためのセルフケア・グループ」参加者の皆さまの声

☆関連記事: FLCエッセイ「女性のトラウマとセルフケア

<前の記事へ    一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.