1. ホーム
  2. 所長のブログ~ただ今修行中
  3. グループ/講座
  4. 2月のトラウマケア・グループ&女性のトラウマ読書会

所長のブログ~ただ今修行中

2018.02.18 グループ/講座
2月のトラウマケア・グループ&女性のトラウマ読書会

今日も寒い一日でしたが空は晴れ、気持ちも晴れやかな一日でした。
女性ライフサイクル研究所にて、午前は「女性のためのトラウマケア・グループ」、午後は『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会。

午前の「女性のためのトラウマケア・グループ」第四回目のテーマは「喪失と発見~喪失の感情を確認し、自分への共感を高める」。

トラウマは喪失を伴います。
通常、安全と安心感、人生の意味や目的、身体的な健康や身体のまとまり、自己評価やアイデンティティ、自己の境界線、人とのつながり感、愛する人や大切にしていたもの・・などの喪失を経験します。

喪失への反応は人によって異なりますが、喪失によるショックや痛みから身を守るために「私は大丈夫」「たいしたことではない」と、喪失を否認したり十分に経験しないことがあります。否認が減り、少しずつ喪失を受け入れることで悲嘆のプロセスが始まります。

悲嘆のプロセスにおいて、自己共感はとても大切です。自己共感とは自分の苦しみを認め、自分が必要とするサポートを得るようにすることです。

今日のアートセラピーでは、喪失の感情を確認して、自分自身への共感を高めるために、自分に贈るグリーティング・カードを創りました。

画材は水彩絵具で、固形の絵の具や水彩鉛筆。水彩の色合いや紙への染み具合、筆使いが、悲しみを癒すような柔らかさ、心地よさで、カードの絵と言葉がしみじみと胸に染みました。

人や世界と「つながり」を感じる中でこそ、悲しみを受け入れ、癒しのプロセスが進んでいくことと実感しました。アートの表現は人や世界と「つながる」不思議な力があるので興味深いです。


午後の『心的外傷と回復』読書会のテーマは、第10章の「再結合」。

再結合とは回復の三段階目の課題です。
過去の外傷体験の記憶の統合に取り組み、喪に服した後には「未来を創造する」という課題が待っています。新しい自己を成長させ、新しい関係を育て、自分を支える信念を改めて発見していく段階です。

第10章の「たたかうことを学ぶ」「自分自身と和解する」「他者と再結合する」「生存者使命を発見する」「外傷を解消させる」について読みあいました。

『心的外傷と回復』の読書会も今年度で三回目。毎年読む度に気づきがあり、回を重ねることで少しずつ消化してこれたように思います。また午後のグループも他者との「つながる」場です。

三年間続けてきたこの本の読書会も来月で最終回になると思うと、名残り惜しい気持ちですが、トラウマについて深い学びを与えてくれた著者と、参加くださいました皆様に感謝の気持ちです。

                 一年越しのシクラメン、ようやく花を咲かせました!
IMG_3087 (2).jpg

<前の記事へ    一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.