1. ホーム
  2. 所長のブログ~ただ今修行中
  3. 日々のこと
  4. 3月の節目に

所長のブログ~ただ今修行中

2016.03.27 日々のこと
3月の節目に

まだ寒さが残るものの、大阪でも桜の「開花宣言」がでました。
3月が終わり、もうすぐ4月を迎えます。3月は学校や仕事の節目のとき、人との別れにしみじみした寂しい気持ちと、新しく始まる新年度を迎え入れる新鮮な気持ちとが交差するときですね。

私にとっても、この3月は、しみじみ・・とした気持ちと新たな希望とが入り混じる気持ちで過ごしています。

一つは、先週最終勤務日を迎え、9年間勤務した総合病院産婦人科でのお仕事を退職しました。非常勤カウンセラーでしたので勤務した日数は少ないですが、9年という年月は長いようで早かったです。最終日には、クライエントさんとの最後の面接を終えた後、部屋の片づけをしながら、9年前のことを走馬灯のように思い出しました。

前任者の臨床心理士さんから仕事を引き継ぎ、医師と三人でこれからの仕事内容について話し合ったこと、カウンセリングのお部屋が綺麗に内装され、新しいソファ等家具をお店に選びにいったこと・・に始まり、産婦人科、小児科の患者さん、クライエントさんとの出会いと別れ・・を思いだし、この9年間に思いを馳せました。そして、同僚の臨床心理士さんと少しお喋りをして、お世話になった先生や看護師さん、職員さんにご挨拶をして最後の日を終えました。

本当に居心地のよい職場で仕事をさせていただけたことに感謝の気持ちでした。
妊娠・出産・子育てをめぐる女性のトラウマ、流産、中絶、死産、性暴力、DVなど、女性の悲しみや痛みに立ち会い、女性が置かれている状況や現実について学ばせていただいたことは、これからもしっかりと心に留めていきたいと思います。本当にありがとうございました。

もう一つ、女性ライフサイクル研究所が新スタートし、所長に就任して早二年がたつことにも、しみじみと有り難い気持ちで過ごしていました。
私の座右の銘に「石の上にも三年」があります。冷たい石も三年座っていたら温かくなる、という意味から、忍耐が大事という意味で使われるそうですが、私の場合は「三年がんばれたら、その後は何とかなる」という楽観的な気持ちも含んでいます。

陰で支えて下さっている皆さまの温かいお気持ち、サポートに感謝の気持ちを心に抱きながら、三年目は、さらに充実させていければと思います。
次年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

              FLCに飾ってね!、と娘からいただきました
2016.3.27.jpg[関連記事]
2014年4月FLCエッセイ「初心忘るべからず

<前の記事へ    一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.