1. ホーム
  2. トピックス by村本邦子
  3. 2017年一覧

トピックス by村本邦子

2017.01.20
「自主避難者」のこと

 先日、原発事故で避難指示区域以外から福島県外に避難した「自主避難者」と支援者たちが、日本外国特派員協会で記者会見し、次々とネット・ニュースが流れてきた。http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/17/fukushima-voluntary-evacuees_n_14216350.html など。「自主避難者」の数を正確に把握することはできないが、2015年10月で約1万3000世帯、2万5000人にのぼるとされている。福島県からの避難者は、発生直後、災害救助法の適用となったため、避難指示区域内外を問わず、仮設住宅が無償提供されてきたが、福島県はこれを2017年3月末で打ち切るとした。これは大変なことだ。一方的な被害であるにも関わらず、賠償もなく、二重生活を強いられ、そのうえようやく確保してきた住居までもが奪われようとしている。福島をのぞく46都道府県のうち9道府県が、打ち切り後も住宅の無償提供や家賃などの補助策を実施すると発表しているが、避難先によって支援に格差が生まれることになる。

 吉田千亜さんの『ルポ母子避難~消されゆく原発事故被害者』(岩波新書)も読んだ。そもそも「自主避難」という言葉自体がおかしい。政府が避難指示を出していない避難はあくまでも自主的なものだから、自己責任であるという論理になってしまうからだ。実際にそんな言葉を投げかける人々がいるようだ。本来、自分の家から好き好んで避難したい人はいないはずだ。危険を感じるから、さまざまな苦難を抱えながらも、避難せざるを得ないのだ。いくら安全だと言われようが、事故発生以後の経過を考えれば、自分で判断するしかない。そもそも、安全の基準値は事故前の年間1ミリシーベルトから20倍にもなっている。残ることを決めた人々だって、苦渋の選択である。

 立命館大学でやっている「東日本・家族応援プロジェクト」のまとめとして、毎年、年度末にシンポジウムを開催している。今年は、2月26日(日)を予定しているが、いつもの院生による東北4県についての報告に加え、福島のジャーナリスト藍原寛子さんを招いて、「自主避難者の今」として講演してもらうことにした。藍原さんは、自主避難者たちのことを、「『棄民』から『起民』へ」と言う。国から見捨てられた存在から、立ち上がり、自分たちのことは自分で決めるという選択をした人たちだという意味だ。だとすれば、事故以前と変わない生活を続けている私たちも、立ち上がって、自分たちのことを自分で決めていくという流れに連なる必要があるのではないか。そんな問題提起ができたらと思う。是非、ご参加ください。http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsshs/tirasi/20170226.pdf

2017.01.19 総目次
総目次

トピックスby村本邦子


2017年01月20日  自主避難者のこと
2016年08月07日      Girls Unlimited. 女の子の力は無限大!
2016年06月11日  歴史は私たちの足元に層を成してある~ナポリ・ソッテラネアから
2016年04月15日  古代ハワイアンの教えに学ぶ
2016年01月23日  米軍基地のこと

2015年
2015年11月17日  命をつなぐ
2015年09月26日  土のこと
2015年07月17日  団士郎家族漫画展
2015年05月14日  「聴く」ことから始まる抵抗
2015年04月19日  鋼鉄のシャッター
2015年01月31日  マイケル・ホワイト~ナラティブ・ポリティックス

2014年
2014年12月29日  吉里吉里国
2014年10月13日  
避難者たちのこと
2014年09月10日  お話の力
2014年08月24日  学校のなかのジェンダー
2014年08月18日  『閉じられた履歴書』
2014年06月24日  遺言~原発さえなければ 福島の3年間、消せない記憶の物語
2014年06月22日  フェミニスト・アクション・リサーチ
2014年05月10日  最後の母系制社会モソ
2014年04月20日  「わたし」に立ち戻って

今月のトピックby村本邦子

2014年03月  命の抵抗~福島「希望の牧場」のこと
2014年02月  「からのゆりかご」と児童移民
2014年01月   心理療法は政治的である。でなければ、心理療法ではない

2013年
2013年12月  ローカリティ(地域性)再考
2013年11月  クレイジー・ライク・アメリカ
2013年10月  台湾におけるアートセラピー
2013年09月  死者たちの声に耳を澄ます
2013年08月  テレジンを訪れて
2013年07月  女と原発
2013年06月  女性ホームレスのこと
2013年05月  「ドラムカフェ」とコミュニティの心理社会的支援
2013年04月  ナチになっていく〜ナラティブ・ネットワーク・モデル
2013年03月  東日本大震災から二年が経ち・・・
2013年02月  物語が立ち上がるとき
2013年01月  アートの力

2012年
2012年12月  避難者たちのこと
2012年11月  心理療法は政治的か?
2012年10月  「人間彫刻/家族造形法」の魅力
2012年09月  大学生のジェンダー意識と教育
2012年08月  アイヌモシリ・北海道〜脱植民地化のための平和学
2012年07月  家族の歴史を辿って
2012年06月24日  「慰霊の日」に沖縄を訪れて
2012年05月  「私」のなかの他者・社会・歴史と出会う〜HWHのトレーニングを受けて
2012年04月  湧水から平和の大河へ〜国際シンポジウム「人間科学と平和教育」を開催し
2012年03月  ドイツにおける子どもの面会交流支援を視察して
2012年02月  世界の結婚と家族
2012年01月  イスラムの模様

2011年
2011年12月  コミュニティのレジリエンスを尊重する
2011年11月  物語る力〜遠野の地を訪れて
2011年10月  「南京を思い起こす2011〜戦争のトラウマと和解修復の試み」を終えて
2011年09月  東日本・家族応援プロジェクトを立ち上げて
2011年08月  アートセラピーと文化
2011年07月  ロジャーズの平和ワークショップと「歴史の傷を癒す」
2011年06月  復興の物語を創る
2011年05月  原発事故とトラウマ
2011年04月  被害者からサバイバーへ
2011年03月  災害の襲うとき・・・
2011年02月  街頭紙芝居と「子ども溜まり」
2011年01月  アメリカにおける「赤ちゃん避難所法」

2010年
2010年12月  「女性国際戦犯法廷」10年を迎えて
2010年11月  死を準備する
2010年10月  多様性のなかの歴史構築
2010年09月  戦争の痕跡を辿る北海道の旅
2010年08月  エジプトの神々
2010年07月  傷ついた男たち〜「ラースとその彼女」から
2010年06月  撫順の奇跡〜人道主義に基づく加害兵の修復モデル
2010年05月  カップルの関係と社会的ネットワーク
2010年04月  リチャード・ガードナーと子どもの視点
2010年03月  「ナヌムの家」のこと
2010年02月  男たちの化粧
2010年01月  売春防止法と婦人相談員

2009年
2009年12月  愛着からソーシャル・ネットワークへ
2009年11月  トラウマからの回復とレジリエンス、そしてMTRR/MTRR-I
2009年10月  南京セミナーを終えて
2009年09月  プライバシー
2009年08月  村上春樹と戦争の痕跡その2
2009年07月  村上春樹と戦争の痕跡
2009年06月  ドイツの和解に学ぶ旅
2009年05月  アメリカにおけるDVの動向
2009年04月  タラソセラピー(海洋療法)を体験して
2009年03月  Healing the Wounds of History(歴史の傷を癒す)
2009年02月  職業を通じた社会階層の再生産
2009年01月  子どもの巣立ちと母親のアイデンティティ変容

2008年
2008年12月  ライフデザイン
2008年11月  対人援助学のすすめ
2008年10月  体の叡智
2008年09月  ドイツと日本〜過去との向き合い方
2008年08月  ドラマセラピー
2008年07月  市民による和解をめざして
2008年06月  記号としての父親!?
2008年05月  今、親に聞いておくべきこと
2008年04月  フラ&チャンティング
2008年03月  ラーヘンスブリュック〜女性と子どもの強制収容所
2008年02月  家族万華鏡
2008年01月  中国のシンドラー、ジョン・ラーベ

2007年
2007年12月  コミュニティ通訳のこと
2007年11月  南京を想い起こす
2007年10月  「こころとからだ」と代替医療
2007年09月  秘密
2007年08月  バリの火葬ガベン
2007年07月  特別支援教育
2007年06月  タッピング・タッチ
2007年05月  平和のための教育
2007年04月  体のモニタリング
2007年03月  場面緘黙
2007年02月  中年男性の人間模様
2007年01月  感情に言葉を与える

2006年
2006年12月  情報は力なり
2006年11月  失われた絆、つながりを求めて〜ナイト・シャマランの世界
2006年10月  言葉とコミュニケーション
2006年09月  韓国の「産後養生院」を視察して
2006年08月  魔女ランダのこと

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.