1. ホーム
  2. インフォメーション

インフォメーション

2004.08.11 関連図書
《FLC21子育てナビ9》離婚と子育て

childNavi09.gif【村本邦子・窪田容子著】
どのような親の態度が、子どもが離婚を乗り越えていくサポートになるかについて述べる


〈目次〉

第1章 離婚を迷うとき
第2章 離婚に際して知っておくと役に立つこと・離婚の方法・離婚の際に決めておいたほうが良いこと
第3章 子どもへの影響 感情面への影響・身体面への影響・行動面への影響・発達による違い
第4章 離婚時の配慮 夫婦の話し合いでは罵倒や暴力を避ける・相手の不満を子どもに話さないこと・大人が決めるべきことを子どもに相談しないこと・離婚の伝え方・生活の変化を少なくする・子どもの気持ちを理解し受容する・子どもの行動面の問題に対応する・子どもが自己評価を下げず、安心して生活できるような配慮を
第5章 離婚後の子育て 離婚しても共に子育て・一人親の子育て
第6章 再婚を考えるとき 再婚の前に・再婚してからの子育て


三学出版 四六版 88頁 1,000円(税込)

■アマゾンから購入する
b_amazon.jpg

2003.11.23 年報『女性ライフサイクル研究』
『女性ライフサイクル研究』第13号(2003年11月発行)

特集:ライフサイクルにおけるストレス・危機とケア


report13.gifライフサイクルの中で、ケアを必要とする時期である子育て中や老齢期ばかりでなく、障害、犯罪、大事な人の喪失などによっても、人はケアを必要とする状況 に何度も出会うものです。ケアされる立場、ケアを提供する立場の両方から、誰もが必要なときにはケアをうけ、できるときにはケアを提供する社会を展望し、 さまざまな立場からケアとその危機について論じています。


〈目次〉

●序/(女性ライフサイクル研究所)村本邦子
    ストレス・危機とケア 新しい価値の創造へ

1 ケアとジェンダー

●女性/(群馬パース学園短期大学教授)内藤和美
    「ケア役割」と危機
●母と娘/(女性ライフサイクル研究所)西 順子
    心理的ケアの喪失による女性の人生の危機
●レポート/(神戸ポリオネットワーク代表・全国ポリオ会連絡会役員)柴田多恵
    神戸ポリオ・ネットワーク(元「ポリオ女性の会」)の活動から

2 子どもとケア

●母親/(女性ライフサイクル研究所)窪田容子
    子どものケアと母親のストレス
●保育士/(女性ライフサイクル研究所)津村 薫
    保育士の役割と危機

3 高齢者とケア

●高齢者/(女性ライフサイクル研究所)前村よう子
    受ける立場から高齢者ケアを考える
●家族/(女性ライフサイクル研究所)窪田容子
    高齢者の家族介護とストレス
●介護士/(女性ライフサイクル研究所)前村よう子
    介護を職業とする者の役割と危機

4 ストレス・危機とケア

●ステップファミリーの子どもたち/(立命館大学大学院)桑田道子
    ステップファミリーの子どもたちのストレスとサポート
●レポート/(カウンセリングスペース「リブ」代表)佐藤まどか
    親の自殺を語る会
●養護施設の子どもたち/(兵庫教育大学教授)富永良喜 (兵庫教育大学大学院)養父雄一
    児童養護施設で生活する子どものためのストレスマネジメントプログラム
●犯罪被害者/(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター専任講師)新 恵理
    危機における犯罪被害者へのケア 直接的支援の展望と課題


約170頁 1,050円

■ 5冊セット販売(第11、12、13、14、15号):2,000円(送料サービス)
>>5冊セット販売を購入する

2003.05.11 関連図書
《FLC21子育てナビ6》きょうだいが仲良く育つためのヒント ~上の子、下の子、真ん中の子~

childNavi06.gif【窪田容子・津村薫 著】
きょうだいのために自分は傷ついてきた」ということがないように、子どもがいきいきと成長し、互いに良い関係を育めるようにするために、親や周囲の大人がどう関わればよいかという子育てのコツについて、わかりやすくお話します。


〈目次〉

1 複数の子どもを育てるかどうかを迷うとき
2 きょうだいの年齢差への配慮
3 子どもの出生順位への配慮
4 きょうだいの性別への配慮
5 きょうだいが仲良くなるための親の上手な関わり方
6 きょうだいげんかへの上手な対応のコツ
7 きょうだいげんかの原因
8 親のきょうだい体験が、子どものきょうだい関係に及ぼす影響
9 子どものひとりに特別な世話が必要なとき


三学出版 四六版 85頁 1,000円(税込)

■アマゾンから購入する
b_amazon.jpg

2003.05.11 関連図書
《FLC21子育てナビ7》思春期の危機と子育て

childNavi07.gif【村本邦子・前村よう子 著】
親から「育て方を間違った失敗作」とされる子どもほど気の毒なものはありません。今、失敗と見えることが、それを乗り越えれば、将来の成功につながるかもしれません。思春期の子どもがどんな課題を抱え、どんな危険に遭遇するのか、どんなふうにこの時期を乗り越えていくのかについてわかりやすくお話します。


〈目次〉

1 思春期ってどんな時期?
  1 思春期って?
      2 思春期の変化

2 思春期の若者文化
  1 若者文化の意味
  2 思春期の若者文化
  3 現代っ子の思春期


3 思春期のトラブル
  1 言葉遣い、態度の悪さ
  2 喫煙、飲酒、ドラッグ
  3 ダイエット・摂食障害
  4 鬱(うつ)、自殺
  5 不登校
  6 性行動
  7  性被害
  8 暴力
  9  いじめ

4 思春期の子とのつきあい方
  1  思春期の子どもをごまかさない
  2  親として
  3  教師として
  4  思春期の子どもたちへの援助のあり方


三学出版 四六版 82頁 1,000円(税込)

■アマゾンから購入する
b_amazon.jpg

2002.11.23 年報『女性ライフサイクル研究』
『女性ライフサイクル研究』第12号(2002年11月発行)

特集《非暴力プログラム─その思想と実践》


report12.gif非暴力の思想を伝え豊かな人間性を創るための、思想と実践について、各世代の非暴力プログラム、修復へのさまざまな試みについて書かれています。

〈目次〉


序 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子

(1)非暴力の思想と実践

思想と実践 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子
非暴力の思想と実践

(2)非暴力プログラム

子ども (女性ライフサイクル研究所)津村薫
非暴力の思想を伝え、豊かな人間性を創る

高校生 (立命館大学大学院)野池雅人・松田祥
暴力に頼らない自己実現を目指して

思春期 (女性ライフサイクル研究所)前村よう子
授業の中で非暴力を体験する

成人 (女性ライフサイクル研究所)津村薫
非暴力を学び、より良い生き方を探る

(3)修復

加害男性 (立命館大学教授)中村正
家庭内暴力の加害者たちとともに
非暴力グループワークの実践から

加害少年 (女性ライフサイクル研究所)村本邦子
グループ・プログラムによる女性との修復の試み

 (女性ライフサイクル研究所)窪田容子
虐待しない子育てのための、グループによる援助

被害女性 (女性ライフサイクル研究所)長谷川七重
ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者グループの試み

パートナー(妻) (女性ライフサイクル研究所)西順子
男女のパートナーシップを結ぶために


約130頁 1,050円

■ 5冊セット販売(第11、12、13、14、15号):2,000円(送料サービス)
>>5冊セット販売を購入する

2002.09.19 関連図書
《FLC21子育てナビ5》子どもにキレてしまいそうなとき

childNavi05.gif【窪田容子・村本邦子 著】
「子どもに、怒ってばかりというのが良くないことは分かっている。でも、どうしても怒ってしまう。いったいどうしたらいいのか」という方を対象に、親の子どもへの怒りをコントロールする手助けとなる方法を紹介します。


〈目次〉

1 子育ては誰にとっても大変な仕事であることを認めましょう 
2 コントロールされない親の怒りや体罰が子どもに及ぼす否定的影響について学びましょう 
3 怒りの行動を変える決意をしましょう 
4 怒りをコントロールしましょう


三学出版 四六版 85頁 1,000円(税込)

■アマゾンから購入する
b_amazon.jpg

2002.09.16 関連図書
《FLC21子育てナビ4》ひとりっ子の育て方 

childNavi04.gif【村本邦子・津村薫 著】
ひとりっ子は良くないよ」「わがままになるよ」「自己中心的な子になるよ」「きょうだいがいないのは、かわいそうだよ」こう言われた経験のあるひとりっ子ママは、多いことでしょう。そんな言葉に不安になったり、傷ついたり、怒りを感じたりするひとりっ子ママの悩みに一つ一つていねいに考えながらお答えします。


〈目次〉

1 ひとりっ子って、どんな子? 
2 ひとりっ子の育て方 
3 ひとりっ子ママの悩み


三学出版 四六版 85頁 1,000円(税込)

2002.09.10 関連図書
もっとうまく怒りたい! -怒りとスピリチュアリティの心理学

books_okoritai.gif【キャスリン・フィッシャー 著、村本邦子 訳】
怒り」はこれまで特に女性にとって、否定的なものとしてとらえられてきました。抑圧された怒りは心をむしばみ、 他者とのつながりを損ないます。怒りは多様な次元にかかわるもので、大きなパワーを秘めています。怒りにうまく 対処し、より方向に転換できれば、自己を実現し、他者との関係を豊かにし、世界を変える力となります。


〈目次〉

〔怒りに名前をつける〕
感じることを選ぶ

怒りを認める
怒りの対処法
こころとからだの不思議な関係
ごちゃまぜになった感情
過去と現在をつなぐ怒り
怒りと社会生活


〔愛と怒りを統合する〕
怒りと自己評価

いい女は怒らない
境界線をひく
親密な関係での愛と怒り
相手の怒りをうまく受け止める
怒りによって生じた葛藤を解消する
愛する人の死、別れ、病気、そして怒り


〔怒りを変貌させる〕
無力感に直面したとき

女たちへの暴力と怒り
怒りと許し
怒りの相手を愛する
非暴力の抵抗
怒りと創造性
女たちは手と手をつなぐ


学陽書房 2002年発行 216頁 1,680円(税込)

2002.04.08 関連図書
《FLC21援助者ナビ1》援助者のためのグループの理論と実践 

supportNavi01.gif【村本邦子 著】

自助グループをつくりたい、勉強会読書会を始めたい、お母さんたちを集めて子育て支援をやってみたい、小さな講座を主宰したい、サポート・グループグループ・セラピーをやってみたい。始めるにあたって、どんなことを考えておかなければならないのだろう。始めたは良いけど、予期しない問題が次々に出てきて、始めたことを後悔している。今からでも、何とか対処できるだろうか。 グループの基礎的な知識を学び、それをどんなふうに実践に結びつけていけるかを紹介します。リーダーとなる人もならない人も、これらの知識を共有してもらえたらと願っています。


〈目次〉

1 グループとは何か?
2 グループの観察
3 グループの構造
4 グループ・ダイナミックス
5 リーダーシップとパワー
6 グループ・アプローチ
7 グループをつくる


三学出版 四六版 104頁

2002.04.08 関連図書
《FLC21援助者ナビ2》援助者のための女性学入門

supportNavi02.gif【村本邦子 著】
援助者の何気ないひとことが、被援助者を傷つけ、セクシャル・ハラスメントに結びつきかねない危険性がある。ドメスティック・バイオレンスの被害者に「どうして逃げないの?彼を愛しているからでしょう」と言う。セクシャル・ハラスメントの被害者に「きっぱりと、ノーと言うべきだったよ」と言う。人の援助に関わる時、ぜひともジェンダーに敏感であって欲しいと思う。援助者が、ジェンダー、とくに女性の問題について、基本的な理解をし、自由で視野の広い援助を提供することができるよう、この本を著しました。


〈目次〉

1 女性学とは何か
2 性差と性差別
3 母性解読
4 子どもの虐待
5 女性への暴力
6 女性と仕事
7 女性の体と産む、産まない


三学出版 四六版 143頁 1,365円(税込)

■アマゾンから購入する
b_amazon.jpg

<前のページへ 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.