1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 年報『女性ライフサイクル研究』
  4. 『女性ライフサイクル研究』第25号(2017年2月発行)

インフォメーション

2017.03.13 年報『女性ライフサイクル研究』
『女性ライフサイクル研究』第25号(2017年2月発行)
report25.jpg25号は、村本邦子編集長のもと、「境界(バウンダリー)を超える~私、家族、地域、社会をつなぐ」をテーマに特集を組み、場(トポス)への回帰、専門家の当事者性の回復、家族と社会の境界と支援者のポジショナリティ、変化し啓かれる仕事人生、私的領域から公共性へ、臨床心理士という現象、女性や子どもが生きやすい安全なコミュニティ等について論じています。

〈目次〉

●境界を超える-場(トポス)への回帰
立命館大学・女性ライフサイクル研究所 村本邦子

●専門家の当事者性を回復する
-元養護教諭へのアクティブインタビューから社会問題へと開かれていく実践を考える
女性ライフサイクル研究所フェリアン 小田裕子

●家族と社会の境界と支援者のポジショナリティ
女性ライフサイクル研究所フェリアン 桑田道子

●変化し、啓かれるということ-26年の私の仕事人生を振り返って
女性ライフサイクル研究所フェリアン 津村薫

●私的領域から公共性へと開かれるために-ささやかな社会貢献の可能性
女性ライフサイクル研究所フェリアン 窪田容子

●「臨床心理士」という現象-小説・ドラマに見るイメージから
女性ライフサイクル研究所フェリアン 下地久美子

●女性や子どもが生きやすいコミュニティとは-釜ヶ崎を中心とした支援活動に学ぶ
女性ライフサイクル研究所 西順子

〈コラム〉
■我が子の子育てから視野を広げて(女性ライフサイクル研究所フェリアン)森崎和代
■子ども同士が支え合う力を育てる大人の関わり(女性ライフサイクル研究所)福田ちか子
■死を待つ人の家での体験(女性ライフサイクル研究所)金山あき子


86頁 1,000円+税

■ジュンク堂から購入する
b_junkudo.jpg

■お問い合わせフォームから購入する
>>お問い合わせフォームはこちら

<前の記事へ    一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.