1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 2015年3月一覧

インフォメーション

2015.03.24 メディア掲載
京都新聞2015年3月11日、村本邦子のコラムが掲載されました

京都新聞 2015年3月11日に、村本邦子のコラム「NYからの3・11」が掲載されました。

CCI20150507 (719x1024).jpg

2015.03.06 年報『女性ライフサイクル研究』
バックナンバー『女性ライフサイクル研究』のご案内

年報『女性ライフサイクル研究』のバックナンバーを一冊より販売しております。

ご希望の方は、下記の[申込要項]をお読みの上、メールフォームよりお申込みください。
メール便にて送らせて頂きます。
※年報バックナンバー一覧はこちら⇒『女性ライフサイクル研究』

[申込要項]
1.  メールフォームからお入りいただき、「お問い合わせ内容」の欄に、下記①②についてご記入ください。一週間以内に発送させて頂きます。
 ①ご希望のバックナンバー(第〇号)、あるいは、ご希望のセット販売
 ②
冊数 
2. 送料はサービス(無料)させて頂きます。
3. お支払いは、冊子と同封の郵便振替用紙にてお願いいたします(振込料はご負担ください)。
4. 公的機関や図書館でのご購入など、請求書、納品書等が必要な場合は、「お問い合わせ内容」に詳細をお書きください。銀行振込も可能ですので、お申し付けください。

[一冊からご購入いただけるもの:一冊1,000円]
第23号「特集:フェミニズムはどこへ」
第22号「特集:いま、家族を問う」
第21号「特集:コミュニティ・エンパワメント~安心とつながりをめざして」
第20号「特集:女たちの20年~女性を取り巻く社会は変わったか」
第19号「特集:からだの声を聴く~肥大化した〈こころ〉の時代に」
第18号「特集:世代を超えて受け継ぐもの-家族、コミュニティ、社会」
第17号「特集:ワークライフバランス社会をめざして」


[5冊セット販売:5冊で2,000円]
第15号「特集:人生の選択に迷うとき~新しいライフサイクルをめぐって」
第14号「特集:戦争とトラウマ」
第13号「特集:ライフサイクルにおけるストレス・危機とケア」
第12号「特集:非暴力プログラムその思想と実践」
第11号「特集:子どもの虐待」


[4冊セット販売:4冊で1,000円]
第 9号「特集:女性のトラウマと回復」
第 8号「特集:今、子どもたちの心と社会は」
第 5号「特集:阪神大震災~女の視点から捉えなおす」
第 4号「特集:表現と自由」

2015.03.05 グループセラピー
2015年度前期 女性のためのセルフケア・グループのご案内

このグループは、女性が人生で出会うさまざまな傷つき(トラウマ)を癒すために、セルフケアの方法を学ぶグループです。トラウマによる心身のストレス反応を理解し、アートワークや身体感覚に気づくワーク(ソマティック・エクスペリエンスなど)を使って苦痛を和らげ、エンパワーすることが目的です。

トラウマは人から力を奪い、「つながり」を壊します。このグループでは、心と身体のつながりへの「気づき」を大切にしながら、互いにエンパワー(力づける)できればと願っています。

トラウマの心身への影響を緩和するたに、心と身体のセルフケアについて学んでみませんか。

  • トラウマとは、存在を脅かすような傷つき体験のことです。女性のトラウマには、子ども時代の虐待・いじめ、DV、性暴力などの暴力被害、喪失体験や大切な人との別れ・・etcがあります。
  • このグループは、個人のトラウマに焦点をあてるものではありません。
  • このグループが有効な方は、現在安全な状況にいる方です(暴力が継続していない、自傷他害の危険性がないなど)。現在通院中の方、カウンセリングを受けている方は、主治医またはカウンセラーに相談した上でお申し込み下さい。

〈前期〉2015年5月~8月まで全5回、10:30-12:30

第一回 5月17日(日)  オリエンテーション/呼吸を描く
第二回 6月 7日(日)  安全な場所のイメージを創る
第三回 7月 5日(日)  侵入的な思考や感情を一時的にしまっておく入れ物のイメージを創る

第四回 8月 2日(日)  不安をかきたてる感覚を和らげ、慰める

第五回 8月30日(日)  希望と癒しの箱を創る/クロージング

   ※各回の目的と内容についてはこちらをご覧ください⇒こちら

  •   女性ライフサイクル研究所(大阪市北区天神橋5-7-12、キングスコートビル3F)
            ※JR環状線「天満」駅下車徒歩5分、地下鉄谷町線/堺筋線「天神橋筋六丁目」駅12番出口下車徒歩5分
  • 参加費全5回 10,000円(材料費込み)
  • 定 員: 6名(予約制/先着順)
  • 担当スタッフ: 西順子、福田ちか子

お申込みは、お問い合わせは、こちら ⇒問い合わせ・ご予約フォーム


☆参加者の皆さまから頂いた感想はこちら⇒「女性のためのセルフケア・グループ」参加者の皆さまの声

☆関連記事: FLCエッセイ「女性のトラウマとセルフケア



 

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.