1. ホーム
  2. FLCスタッフエッセイ
  3. カウンセリング一覧

FLCスタッフエッセイ

2007.01.10 こころとからだ
身体感覚との対話

 西 順子

 カウンセリングに来談された方から、「こんなに自分と向き合ったことはなかった」と、聞くことがある。確かに、カウンセリングのなかでクライエントさんは自分自身の心の内側と向き合い、心の内との対話がすすむなかで、自分で答えを見つけられていく。人に自然に備わっている力や可能性、そしてまた、人間の力を超えた力の働きに、敬虔な気持ちになる。カウンセラーとして、その答えを見つけるために、よりよいお手伝いができればと思っているが、そのプロセスの途中では、何らかの壁にぶつかることもある。
そんなとき、そのプロセスをすすめるための一つとして、身体感覚と向き合うことが役に立つと感じ、最近では身体感覚を取り入れたアプローチも取り入れている。特に、トラウマ(心的外傷)は身体に記憶されると言われることから、身体感覚に注目するようになってきた。

  そもそも東洋では、心と体は一つのものとして捉えられてきたが、日本語でも、心を身体感覚で表現する言葉が多い。怒りは、「腹が立つ」「腹に据えかねる」「はらわたが煮えくりかえる」「頭にくる」「頭に血が上る」、笑いは「お腹をかかえて笑う」「笑い転げる」、感情が込み上げてきたときは「目頭が熱くなる」「胸がいっぱいになる」、苦しい時は「胸が詰まる」「喉か詰まる」、心の負担感やプレッシャーは、「重い」「軽い」・・など。ほかにも、「ムカつく」「スッとする」「ワクワクする」なども身体感覚の表現である。
  自分の本当の気持ちがわからないとき、どうしていいかわからないとき、心の内側に問いかけても答えが見えないとき、自分の体の感覚に耳を傾けてみることで、自分の気持ちに気づくことができる。私も、心が「もやもや」っとするとき(もやもや・・は胸の辺りの身体感覚)、もやもやってなんだろう・・と「もやもや」に聴く気持ちでいると、ふと「ああ、そうか」と気づきが起こることがある。意識できない気持ちも、無意識から身体感覚を通して教えてくれる。

  先日、10年ぶり?くらいに、フォーカシングを学びなおそうと思ってワークショップに出かけた。フォーカシングとは、「からだを使って、自己の気づきを促し、こころを癒していく、独特のプロセス」(アン・ワイザー・コーネル)である。「からだの気づきに対して興味深い好奇心をもって注意を向けるとき、洞察、身体的な解放、前向きの生活の変化があらわれる」と言う。
  私自身も日々の生活の中で、こまめに体の感覚に耳を傾けているが(まずは、今日は何が食べたい?とお腹にきくことにはじまり・・!)、自分はどう思うのか、どう感じるのかを大切にしたいと思っている。

(2007年1月)

2005.10.10 カウンセリング
人生の物語を紡ぐ

西 順子

 人生には、人それぞれの物語がある。一人一人のかけがえのない物語。カウンセリングをしていると、ふと、そんなことをしみじみと感じることがある。カウンセリングでの人との出会いは、人生の途中で道に迷ったり、行き詰ったり、先が真っ暗で見えなかったり、あるいは、新たなる決意をされた時に始まることが多い。そこから、カウンセリングの契約が成立すれば、人生のある時間、ある一時期を共にしていく。こんがらがった糸をほぐしたり、編み直したりしながら、その先の物語を紡いでいくのをお手伝いしていくのが私の仕事でもある。そんななかで、人間のもつ力に感銘を受けたり、人間の力を超えたもの~偶然の出来事や人との出会い等~を前にして、理不尽さや悲しみを感じ、あるいは畏敬の念を抱く。

 考えてみれば、人生は、良くも悪くも偶然に左右されていることが多い。誰の元にいつ生まれたか、ということがまず偶然である。自分で選んで生まれてきたわけではない。人生の途中で遭遇する出来事~たとえば、虐待を受けたり、見捨てられたり、大切な人を失ったり、突然の事故や病気であったり、ショックな出来事が起こったり~も、自分ではどうしようもできない出来事である。そんな偶然の出来事、しかも受け入れ難い出来事に遭遇しても、それでも人には生きる意味がある。でも、それを引き受けて生きるということはなんと重く、苦しいことであろうかと思う。

 一方で、人は偶然に助けられながら、この世に縁をつないでいくものだなとも、しみじみと感じる。それは人との出会いであったり、再会であったり、仕事との出会い、生きがいとなるものとの出会いだったりするだろう。そこには、「今、この時」という人生のタイミングというものもあるだろう。

 今日も、カウンセリングでの出会いと別れを通して、人生の物語ということについて思い巡らせた。偶然の積み重ねである人生に意味が見出され、一つの物語となり、ささやかな幸せが訪れたことに立ち会って、人と世界に対して信頼が深まるような、敬虔な気持ちにさせて頂いた。ささやかな幸せとは、自分が今のままでいいと思えること、生きてていいと思えること、生きていることが自然に感じられること、そして人と共に居る場所があり、愛する人・大切な人と一緒に泣いたり笑ったり、気持ちを分かち合えたり共有できること・・などである。

 『心的外傷と回復』の著者ハーマンは、回復を終えたときのことを次のように表現した。「他の人々と共世界をつくりえた生存者は生みの苦しみを終えて、憩うことができる。ここにこの人の回復は完成し、その人の前に横たわるものはすべて、ただその人の生活のみとなる」と。物語を紡ぐのは、まさに生みの苦しみである。人生の苦悩を超え、生みの苦しみを超えて、その人が主人公である物語を紡いでいく、その過程に寄り添えるよう、私自身、切磋琢磨していきたい。

(2005年10月)

<前のページへ 1 2 3

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.