1. ホーム
  2. FLCスタッフエッセイ
  3. コミュニケーション一覧

FLCスタッフエッセイ

2003.12.12 コミュニケーション
クリスマスのしあわせ

村本邦子

 12月に入ると、街はいっせいにクリスマスに衣替えする。いっときは、11月に入ると同時にクリスマス戦略が始まっていたが、不況のせいか、最近また、12月を待つようになったようだ。クリスマスの雰囲気は、なぜだか、しあわせな気分をもたらしてくれる。
クリスマスと言えば、家族の暖かい思い出と結びつくからだろうか。私が子どもの頃、ケーキを食べるのは、誕生日とクリスマスくらいだった。ショートケーキがなかったわけではないが、デコレーション・ケーキに火をつけ、家族で切り分けて食べるというのは、特別に楽しいイベントだった。それからクリスマス・プレゼント。誕生日は自分だけがプレゼントをもらうわけだが、クリスマスはもらうだけでなく、あげるのも楽しみのひとつだ。「今年は誰に何がいいかな~」と考えるだけで、わくわくしてくる。そういう意味で、クリスマスは、大切な人々のことを思いやり合う、愛に満ちた日でもある。これに加え、サンタクロースの物語は、もっと普遍的な愛の感動を与えてくれる。クリスチャンでなくても、そんな愛を感じることができるからこそ、なんだか、しあわせな気持ちが呼び起こされるのではないだろうか。
 裏返すと、そんな愛を感じることができない状況にある人たちにとって、クリスマスは苦痛に満ちた時期となる。自分が悪いわけではないのに家族とうまくいっていなかったり、孤独だったり、いろんな事情で、クリスマスを祝う余裕がない状況におかれている場合などだ。クリスマス商法に煽られて、クリスマスとは恋人に高価なプレゼントをあげるものだ、カップルで洒落たレストランに行かなければならないと信じ込まされている場合も、プレッシャーだろう。クリスマスが辛いという相談はたくさん聞いてきた。
 宗教心抜きにクリスマス行事に乗っかることには賛否両論あろうが、私には、身近な人、あるいは、名も知らぬ人、誰か他の人のことを思う愛の実践の日と捉えることができたら、それで十分に宗教的なんじゃないかな~と思える。クリスマスには、愛をもらうことより、誰かに愛をあげることを考えることができれば、ひょっとして、皆にしあわせが訪れないかな?プレゼントだけでなく、身近な人に暖かい言葉をかける、街で困っている人に声をかける、募金する、道行く人に笑顔を送る、一人で夜空の星に平和を祈るだけでも良いかもしれない。何でも良いから、他の誰かのことを思いやるのだ。
 暗いニュースが続く昨今、私も、クリスマスには、この美しい惑星の平和を祈って、しあわせな気分を味わえたらなと思っている。

(2003年12月)

2003.10.10 コミュニケーション
ほっと一息の瞬間

西 順子

 「否定的な瞬間の7倍は肯定的な瞬間があること」、それは長続きしている夫婦の共通点だという(『もっとうまく怒りたい!~怒りとスピリチュアリティの心理学』より)。初めてその言葉に出会った時、「ああ、そうか」と腑に落ちる気持ちになった。親密な関係が長続きするためには、何かすばらしいこと、大きなことをしなくてはならないのではなく、肯定的な「瞬間」をもつという、ちょっとした日々の努力とその積み重ねが大事なんだ・・と教えられた。それは否定的な瞬間をなくすことではない。否定的な瞬間があることを認めた上で、肯定的な瞬間を大事にしようとすることだ。

 それは、夫婦関係に限らないと思う。人との関係もそうだし、日々の暮らしもそうなのではないかなと。幸せとは漠然としたものではなく、肯定的な瞬間そのものにあるのかもしれない。否定的な瞬間の7倍は無理でも、せめてその倍は肯定的な瞬間を感じていたい。

月曜日から土曜日まで、私の毎日は、ほぼ研究所と家との往復。毎日、好きな仕事ができるのは幸せなことだと感謝している。でも、ついつい仕事と生活、時間に追われそうになる。だからこそ、セルフケアのためにも、ほっと一息できる肯定的な瞬間を大事したいと思っている。

 自転車に乗りながら、気持ちいい風を感じるとき・・
 ほっと一息のコーヒータイムのとき・・
 好きな音楽を聴いて心なごむとき・・
 家族とふざけて冗談をいいあうとき・・
 好きなサイトや雑誌を見て、目の保養をするとき・・
 ふらふらと好きな雑貨店に立ち寄るとき・・
 普段よりちょっと凝った料理をつくって、おいしかったとき・・
 テレビのワンシーンに思わず泣けてくるとき・・
 もちろん、大笑いするときも・・

瞬間ではなく、ほっとできる、まとまった時間もあればもちろん嬉しい。

 先日、私の誕生日に夫と一緒に半日ぶらぶらと出かけた。用事のためではなく、ぶらぶらと夫と二人で出かけるのは何年かぶりだった。ほっと一息の瞬間を人と共有できると、ほっとした気持ちも倍になるんだなと感じた。

 面接室でも、ほっと一息の瞬間を共有できたらいいなぁ・・。今これを書いていて、ふとそう思う。
そんな時間が好きだ。
これからも、そういう瞬間を大切にしていきたいと思う。

(2003年10月)

<前のページへ 1 2

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.