1. ホーム
  2. 所長のブログ~ただ今修行中

所長のブログ~ただ今修行中

2017.05.14 ソマティック・エクスペリエンス
SE紹介ワークショップ&ポリヴェーガル理論を学ぶワークショップを開催しました!

今日は、東京より浅井咲子先生にお越しいただき、トラウマへのソマッティク・アプローチを学ぶワークショップを開催しました。

午前中はソマティック・エクスペリエンシング(以下、SE)イントロ・ワークショップ。SEプレゼンターであり、SEトレーニングで多数のアシスタントを務めてこられた浅井咲子先生から、SEの基礎となっているトラウマの心理・生理学的な基礎理論と方法を、ビデオの映像も交えながら、とてもわかりやすくお話いただきました。
  ※SEについてはこちらをご参照ください⇒

午後はSEと関連が深いポリヴェーガル理論 (多重迷走神経理論)について、ワークやゲームもご紹介いただき、楽しく体感しながら学びました。

研究所のスタッフも参加しましたが、皆で一緒にSEやポリヴェーガル理論を学べ、とても有意義な時間でした。日常を離れて、リラックスしてくつろぎながら充実した学びの時間を持つことができて、有り難く思います。また頑張ろう~というエネルギーももらいました。口コミでご参加くださった皆様からも、居心地よく学ぶことができた等、嬉しい感想を聞かせて頂きました。ご参加くださった皆さま、大阪までお越しくださった咲子先生、ありがとうございました! 準備や片付けまで力をかしてくれたスタッフにも感謝。

さて、ワークショップが終わり、後片付けが終わった後は、来週日曜日から始まる「女性のためのセルフケアグループ」の打ち合わせをしました。このグループは、トラウマの影響に対してアートセラピーの手法を使ってセルフケアに役立ててもらおうというものですが、自己調整を学んでいただけるようSE的なスキルも紹介しています。その一つとして、イメージと身体感覚(フェルトセンス)をつなぎ、「今、ここ」につながれるように、工夫しています。

まだ現在参加者受付中ですので、関心のある方はお気軽にお問い合わせください! 詳しくはこちらをご覧ください⇒


           研究所のグループルームから。咲子先生ありがとうございました!
IMG_2371 (2).jpg

2017.04.29 トラウマ
子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法を学びました

4月29日・39日の二日間、東京で開催されている「トラウマフォーカスト認知行動療法・アドバンストレーニング」に参加しました。講師はTF-CBT国際トレーナーのDavid先生。

トラウマフオーカスト認知行動療法(TF-CBT)は、トラウマを体験した子どものための治療法で、トラウマ体験と関連する精神症状をもつ子どもたちの最も効果的な介入の一つとして認められています。
子ども期のトラウマ体験には、性的虐待、身体的虐待、DV、地域の暴力、大切な人との死別やトラウマ性喪失、自然災害、人為災害、交通事故、火事、その他医療トラウマなどが含まれます。

TF-CBTのトレーニングに初めて参加したのが、ちょうど5年前。時間がたつのは早いです。今回のアドバンストレーニングでは、発達障害、複雑性トラウマ、トラウマ性悲嘆を有する子どもへのTF-CBTがテーマでしたが、新しく学びながら、自分のなかでこれまでの実践を振り返り見直す時間となりました。

子どもがトラウマを乗り越えて成長するレジリエンス、レジリエンスを引き出し強めるTF-CBTはとても勉強になりました。特に性的虐待を受けた子どもと養育者、DVに晒された母子の支援に役立てていけれるよう、少しずつでも学びを続けていければ・・と思いました。参加できてよかった、ありがとうございました!

          会場の東京都ウイメンズプラザ。素敵な空間でした。IMG_2257 (2).jpg

2017.04.18 トラウマ
4月の内部研修は・・「解離」を学ぶ

今日は、月一回の内部の臨床研修の日。

スタッフそれぞれが昼間の仕事を終えた後、夜に集まるので時間は短いけれど、継続は力なり!
毎月、少しずつでも積み上げることで、皆がメキメキとスキルアップされていることが本当に素晴らしい~と感じる、嬉しい時間です。今日も、お茶とおやつをつまみながら、充実した時間はあっという間に過ぎていきました。

今日のテーマはスタッフの希望で「解離」。解離を理解することが、トラウマ臨床のキーポイントとなるので、とても重要です。新スタッフには新たな知識を学んでもらい、先輩スタッフは復習する時間となりました。

トラウマが神経系にどのように影響を与えるか理論を学び、簡単なワークでは、自分自身の身体への「気づき」を高めながら、自分の身体におこるストレス反応、リラクセーション反応、その変化に気づいてもらいました。身体のもつ自己調整力やレジリエンス(回復力)に少しでも触れてもらえたら嬉しく思います。

こうして皆で一緒に学びあう時間は、グループの相互作用によって新たなものが生まれる創造的な場でもあります。今年度は「解離」をテーマに、一年かけてコツコツと研鑽を積んでいきたいと思います。

            グリーンがいきいき! 植物の生命力に元気をもらいます。玄関から。
IMG_2210 (2).jpg

             昨日はつぼみだった芍薬が一気に開花し、うっとり。

IMG_2211 (2).jpg




2017.04.17 グループ/講座
4月の『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会は・・

昨日の日曜日の午後は、今年度第一回目の『心的外傷と回復』読書会。
第一章の「歴史は心的外傷を繰り返し忘れてきた」を読みあいました。

本書によりますと・・、

心的外傷(トラウマ)研究の歴史は、活発に研究が行われる時期と忘却期が交替し、忘れられてはまた再発見されてきました。19世紀においては三度、第一に19世紀後期のヒステリー研究、第二にシェルショック(砲弾ショック)と戦闘神経症、第三に性的暴力とドメスティックバイオレンスが、それぞれの政治的背景のもと、別個に研究が押し進められました。

1980年代以後になって、ベトナム戦争からの帰還兵の努力によって「外傷後ストレス障害」概念が公認されるようになり、ようやく、レイプ、ドメスティックバイオレンス、性的虐待生存者たちに見られる心理学的症候群も戦争体験者たちに見られる症候群と本質的に同一であることが明らかとなりました。

第一章では三つの心的外傷の研究の歴史を社会的文脈から理解を深めましたが、実はこの三つは切り離せずつながっているということが重みをもって胸に迫ってきました。そして臨床家として姿勢を正す気持ちにさせられました。

4月で三年目にはいった読書会、今年度から、関心をお持ちの方であれば女性の皆さまにご参加いただけるようになりました。一人では読むのが難しいところも、皆で読みあうことで理解を深めあっていくことができると思います。
来月は5月21日(日)13:30~15:00、読み合いは第二章「恐怖」です。詳しくはこちらご覧ください→★

皆さまのご参加をお待ちしております。

                                                         FLCの八重桜が咲きました!
IMG_2202 (2).jpg

2017.04.04 日々のこと
2017年度がスタートしました

新年度のスタートと同時に桜がようやく開花しました。昨日に引き続き今日もいいお天気、日中は温かく気持ちも晴れやかになります。

研究所では今年度も新しくスタッフを迎え、フレッシュな空気が流れています。
今日は朝から新人研修、夜は今年度第一回目のスタッフ会議。
新人スタッフを迎えるべく、スタッフが惜しみなく温かいサポートを提供してくれることに感謝の気持ちです。

「教えることは教えられること」「コミュニケーションとは変化すること」、何かの本で書いてあった言葉を思い出しながら、自分自身が人との関わりの中で学ばされ、成長させてもらっていることを実感し有難く思います。

所長に就任して4年目の春を迎えられたことにもほっと一息つくと同時に、皆さま方のご支援とご協力に心から感謝する次第です。初心に立ちかえり「初心忘るべからず」と心を引き締め精進していきたいと思います。

今年度もスタッフ一同、よりよい援助を提供できるよう、そして「安全な場を創造できるよう」日々の研鑽に努めていきたいと思いますので、皆さまどうぞよろしくお願い申しあげます。

                   桜が開花しました! 希望を託す気持ちです。
IMG_2196 (2).jpg

2017.03.20 グループ/講座
3月の『心的外傷と回復』読書会は・・

週末から三日間、日中はぽかぽか陽気で気分も心地よく過ごすことができましたが、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

土曜日は研究所での面接、日曜日の午後は『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会、その後実家に一泊で帰り月曜日の晩に大阪に戻り・・と、あっという間に連休が過ぎました。

昨日の『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会は、最終章の「共世界」(human commonality)がテーマ。

外傷的事件は個人と社会とをつなぐきずなを破壊します。トラウマ体験の中核は孤立無援感と無力化であるため、トラウマからの回復は「つながりの回復」とエンパワメントにあります。この章では特に、グループ体験の治癒力と、回復の段階ごとのグループについて学びました。

被害者は、ある人が惜しみない度量で自然体で示してくれた、ごくふつうの愛他性(相手の身になって考え相手本位で行動すること)によって、それを鏡として自らの失われた部分を認め、それを取り戻し、そしてその瞬間から人間の共世界(human commonality)に再加入しはじめると言います。

社会のきずなの取り戻しは「一人ではない」という発見を以て始まり、この体験が確実、強力、直接的なのはグループをおいて他にはないと、著者のハーマンは言います。グループの治癒力はその「普遍性体験」にあります。

私自身はこの章を読みながら、女性ライフサイクル研究所の過去から現在までの「グループ体験」が頭の中を駆け巡り、次年度に計画しているグループについても思い巡らせました。

・・・その背景には、ちょうど先日、研究所とNPOについて話を聞きたいと、台湾からのお客様があり(村本が台湾の女性支援機関を訪問したご縁です→★)、1990年から現在までを振り返ると同時に原点の感覚を思い出したことにもよります。

原点の感覚とは、「個人的なことは社会的なこと」と本当にいろんなこと、女性としての体験を語り合ったことです。当時は子育てについて悩み、仕事と子育てに葛藤を抱えていましたが、語り合う中で、「私だけじゃないんだ」「一人じゃないんだ」と普遍性の体験を実感しました。それは、私は私らしく生きていいんだと自己肯定感の回復へとつながりました。それはシスターフッド(女同士の友情)によって支えられていました。
・・・そんなことをこの数日振り返りながら、これからのことを思いめぐらしていました。

読書会が終わった後、4月から3クール目がスタートする読書会の持ち方について、スタッフで話し合いました。この二年間は、私たちが支援者の方と共に本書を元に勉強しシェアすることに重きを置いていましたが、4月からは少し間口を拡げて開催していくことになりました。

この読書会が、虐待、DV、性暴力被害者のトラウマと回復について関心をもっている方々が人や社会とつながる一つの「場」として、提供できればいいなと思います。

この一年、春、夏、秋、冬が過ぎて、また新たな春が訪れました。一つのサイクルが巡り、4月からまた新たなサイクルがスタートすることをしみじみと有り難く、嬉しく思います。


             昨年の10月から次々と新しい芽が出て、花を絶やさず咲き続けてきたシクラメン、すごい!
IMG_2116 (2).jpg

2017.03.12 グループ/講座
CAREフォローアップグループを開催しました

今日も日中はいいお天気。午後は、CARE専門家向けワークショップを修了された方を対象とした、CAREフォローアップグループを開催しました。

改訂版CAREハンドアウトを使って改訂のポイント、CAREの実践について話をした後、最後は心理教育のロールプレイに取り組み、あっという間に時間が過ぎました。

CAREは、子どもとよりよい関係をもちたいと思うすべての大人のトレーニングに用いられるプログラム。子どもが言うことを聞いてくれなくて困ってる・・という子育て中の親御さんにCAREを知ってもらうことで、少しでも子育てが楽になって、親も子どもも楽しい時間が増えればいいなと願っています。
今日のディスカッションを通して、よりよく届けられるような工夫、枠組みを私自身も考える機会になりました。

次年度のCAREワークショップ開催の日程も決まりました。女性ライフサイクル研究所では、次年度も引き続き、トラウマ予防として、親子の絆・よりよい関係づくりに取り組みます!


                                                水仙の華やかな香でリラックス♡
3.12FullSizeRender (2).jpg



2017.03.01 講師活動
女性のトラウマと回復、講師を務めさせていただきました

 今日は、愛知県の女性問題相談員ネットワーク事業研修にて、「続 女性のトラウマと回復~女性のDV被害者の方のために、そして、とともに~」と題して講演を務めさせていただきました。

 昨年3月初め、初めて伺ってから早一年。今年も講師としてお声をかけて頂き光栄です。昨年は、DV虐待の暴力の影響から回復するために「安全なコミュニティとのつながりを回復すること」をテーマにお話させて頂きました。

 今年も、昨年のアンケートによるフィードバックを受けて、引き続き「安全なコミュニティへの生態学的橋渡しを考える」を目的に、「コミュニティ心理学的支援からみたコミュニティ介入」と「支援者の二次受傷とセルフケア」についてお話させて頂きました。100名近くの女性相談員さんが熱心に聞いて下さり、真剣なまなざしに、私もとてもエンパワーされました。

 講師としての仕事をさせて頂く機会は、自分の臨床を相対化して振り返る機会になります。何を一番に伝えたいか、と考えていくと、日頃大事にしていることを再認識したり、不足していたことや他の選択肢に気づかされます。

 大事にしていることは、安全、安心、つながり、そして信頼関係を築くこと。支援に答えはありませんが、当事者の方と共に、一緒に「回復への道」を見出していけるよう、試行錯誤しながらも、その過程を共に歩んでいければ・・と改めて思いました。

 DV被害女性、DV家庭で育った子どもが安全に安心して暮らしていくために、コミュニティの資源が増え、充実していくことを願いながら、私にできることをコツコツと・・積み上げていけるといいなと思います。

 私もまた頑張っていこうと力を頂きました。貴重な機会を頂きまして、ありがとうございました!
ご担当者の方のご尽力にも感謝いたします。

                 雨のなか、風情がありました。
                 帰りに立ち寄った名古屋城より
 IMG_2089 (2).jpg

2017.02.20 グループ/講座
2月の女性のトラウマ読書会は・・

昨日、2月19日(日)の午後は、『心的外傷と回復』を読む、女性のトラウマ読書会でした。
今回は回復の第三段階「再結合」がテーマでした。

回復の第一段階の「安全の確立」、第二段階の「想起と服喪追悼」(トラウマ的な出来事の記憶を再構成し人生に統合する)の後には、回復の第三段階は「再結合」が課題となります。

第三段階では、外傷的な過去の出来事に決着をつけた後、未来を創造するという課題が待ち構えています。新しい自己を成長させ、新しい人間関係を育て、自分を支える信念を改めて発見することが課題です。新しく創った安全の基地から出て、世界に積極的にかかわり、試行錯誤し、現実生活の場で力を持つことに取り組みます。そして、自分自身と和解すること、他者との信頼関係を深めること等について、学びました。

この章の最後には、心理学者メアリー・ハーべイの「トラウマ解消の7つの基準」が紹介されています。

第一はPTSD症状が管理できる範囲に収まっていること
第二はトラウマ記憶と結びついている感情に耐える力をもつようになっていること
第三は記憶の支配権を持つようになっていること(思い出すかどうかを自分で選択できる)
第四はトラウマ的出来事の記憶が首尾一貫した語りものになっていること、それに相応した感情が結びついていること
第五は自己評価の損なわれた分が回復していること
第六は重要な対人関係が再建されていること
第七は意味と信念の首尾一貫したシステムが再建され、外傷ストーリーも包含していること

トラウマの解消に完全はなく、発達の新しい段階に入るとトラウマ記憶が蘇り症状が再発することもありえます。といっても解消のもっともよい指標は、生活のなかで楽しみを味わう能力と自分以外の人々との関係に全面的に入る能力とを取り戻しているかどうかです。過去よりも現在と未来に多くの関心をもち、世間に近づくのに恐怖よりも讃嘆と畏怖とを以てするようになると言います。

毎回、読み直すたびに気づき、発見があり、日頃の臨床を振り返る機会になっています。
しかしこれは決して一人ではできないこと。グループで話あうからこそ生まれる気づきであり、発見であり、自分のなかに消化されていくのだと思います。今回もそれを実感して、「わかちあう」ことができることは本当にありがたいことと、参加者の皆さまに感謝です。

一年を通して読み進めてきた『心的外傷と回復』読書会も、来月はいよいよ最終章です。
次回のテーマは「共世界」。グループについて、つながりの回復について・・振り返ることを楽しみにしています。

なお、ハーベイによるトラウマからの回復の定義については、当研究所のホームページでも紹介しています。関心のある方はこちらも合わせてお読みください。
→「生態学的視点から見たトラウマと回復」(ハーベイ著、村本邦子訳)
→「トラウマからの回復とレジリエンス・モデル~回復の三段階と八次元


            この日、女性ライフサイクル研究所の前のバス通りから。
                   いいお天気で気持ちよかったです。
IMG_2071 (2).jpg




2017.02.13 講師活動
支援者のためのアートワーク、講師を務めさせていただきました

2月11日土曜日は、午後から大阪市にて、認定NPO法人いくの学園主催「虐待・DVを癒す~支援者のためのアートワーク」講座の講師を務めました。

テーマについての講義の後、アートワークを体験いただき、グループで分かち合う時間を持ちました。参加者の皆さまが互いに尊重しあう雰囲気のなか、アートワークとグループワークと、それぞれの時間を心地よく体験いただけたようで、とても嬉しいです。

今回、体験いただいたアートワークは「安全な場所のイメージを創る」。誰もに安全な場所が必要ですが、イメージによる心のなかの安息地なら、必要なときにいつでも利用することができます。心の中に安全な場所をもつことでストレス対処を助け、安全な感覚を高める効果があることがわかっています。

「今ここ」で、安全な場所のイメージを探索することで、自分にとって大切なものへの「気づき」が自然に生まれてくるように思います。イメージの自律性って素晴らしい!
私自身もほっこりと、安全なコミュニティとの「つながり」を感じる、心地よい時間を過ごさせていただきました。

また機会があれば、支援者向けのアートワークのグループも取り組めるといいなと思います。
講座開催にあたりご尽力くださったご担当者さま、スタッフの皆さま、参加下さった皆さまに感謝いたします。

いくの学園さんでは、シェルター、ステップハウス、電話相談の他にも、今年4月からは作業所もスタートするそうです。コミュニティに根ざした活動、素晴らしいです。詳しくはホームページをご覧ください⇒★

なお今週日曜日、2月19日の午後は支援者向け『心的外傷と回復』女性のトラウマ読書会です! 
第10章「再結合」がテーマとなります。


【関連記事】
FLCエッセイ「セルフケアのヒント~アートセラピーの手法を用いてトラウマに対処する」       

             
          会場のクレオ大阪中央にて。図書館の中にカフェ、素敵な空間です。

IMG_2062 (2).jpg

<前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

お問い合わせ・ご予約

© FLC,. All Rights Reserved.